川原一馬、山内優花の出演が決定 ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.4の追加キャスト、サブタイトルなど発表

SPICE



2023年1~2月、大阪・東京にて上演される、ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.4のサブタイトル、追加キャストほか、最新情報が発表された。

原作の『憂国のモリアーティ』は、集英社「ジャンプSQ.」で2016年8月から連載されている、構成/竹内良輔、漫画/三好 輝による人気漫画。コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授視点で再構築された物語が描かれている。コミックスは最新19巻(2022年8月現在)まで刊行されており、発行部数は累計600万部を突破。アニメ、ストレートプレイ、ミュージカルと、「メディアプロジェクト」でも話題となっている。

発表された公演タイトルは、ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.4 -犯人は二人-(Op.4はオーパスフォーと読む)。そして追加キャストとして、アダム・ホワイトリー役の川原一馬とメアリー・モースタン役の山内優花の出演が決定。
川原一馬
川原一馬
山内優花
山内優花

本作のストーリーは、上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとするジェームズ・モリアーティと、宿敵シャーロック・ホームズの戦いを中心に描かれる。

脚本・演出には西森英行、音楽は、ただすけという布陣で、ピアノとヴァイオリンの生演奏を交えた舞台作品という、ライブエンターテイメントならではの魅力を楽しめるミュージカルとなっている。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ