『イッセイミヤケ』三宅一生さん亡くなる 2010年に文化勲章受章

grape

2022年8月9日、ファッションデザイナーの三宅一生さんが同月5日、亡くなっていたことが分かりました。84歳でした。

三宅さんは、大学在学時から衣服のデザインを始め、卒業後に渡仏。オートクチュールの学校で学び、その後、渡米しています。

帰国後は、三宅デザイン事務所を設立し、『イッセイミヤケ』のデザイナーとして活躍。同ブランドはパリ・コレクションにも参加しており、世界で『イッセイミヤケ』の名前は知られています。

日本はもちろん、海外でも高い評価を得ていた三宅さんの訃報は日本中を駆け巡り、突然の訃報に驚く声が寄せられました。

・若い頃、頑張って『イッセイミヤケ』の服を買っていたな。

・『イッセイミヤケ』の服を愛用していたので残念…。

・1つの時代が終わった感じ。

2010年には、その功績が認められ、文化勲章を受章している三宅さん。

また、2016年には、服飾デザインを通して世界の文化に寄与した功績が認められ、フランス政府から芸術文化勲章『コマンドゥール』を授与されました。

日本のファッション界をけん引した三宅さんの訃報は、今後も各方面に影響を与えそうです。

三宅さんのご冥福を心よりお祈りいたします。


[文・構成/grape編集部]

出典 産経ニュース

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ