橋本環奈らの思い切った演技が爽快 映画『バイオレンスアクション』笑い誘う本編映像解禁

dwango.jp news


8月19日(金)に全国公開となる映画『バイオレンスアクション』本編映像から、強烈な個性を放つバイトメンバーによるわちゃわちゃ爆笑シーンが解禁された。

累計発行部数70万部超え、オンラインアクセス数1,000万PV超え、小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による超人気コミック『バイオレンスアクション』が待望の実写映画化。

ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子・菊野ケイが日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、アルバイトをする日常を描く。ただし、そのバイト先は指名制の殺し屋で、ケイはナンバーワン指名の実力を持つ超凄腕の殺し屋(ヒットガール)だった。どんな相手にも臆せずバイトとしてターゲット撃破を完遂し、バイトが終われば「おつかれさまー」と颯爽と現場を後にする。そんなゆるふわ最強ヒットガール・菊野ケイに史上最悪の依頼が舞い込んでくるー。

主人公・菊野ケイ役を務める橋本環奈を筆頭に、ケイに急接近するヤクザの金庫番テラノ役に杉野遥亮、ケイに想いを寄せる同級生・渡辺役に鈴鹿央士、さらに馬場ふみか森崎ウィン大東駿介太田夢莉ら豪華キャストが勢揃い。さらに佐藤二朗城田優高橋克典、ムービースター岡村隆史ら強烈俳優陣も出演する『バイオレンスアクション』。

このたび解禁されたのは、ケイ(橋本)のバイト先である殺し屋組織・ぷるるん天然娘特急便の本拠地であるラーメン屋での一コマ。



円卓を囲んで人生ゲームをしているヅラさん(岡村)と店長(馬場)、渡辺(鈴鹿)だが、ヅラさんと渡辺はいつものようにつまらない事で言い合っている。一方のケイは、騒がしい2人のことはお構いなしにスマホで猫の動画を見ているが、2人のじゃれあいは次第にヒートアップ。渡辺がルーレットで「右隣の人と家を交換する」という目を出すと、納得のいかないヅラさんが思わず渡辺の手をピシャリと叩く。すると、すかさず渡辺の手がヅラさんの頬に直撃し…。見かねたケイはヅラさんのカツラをスポッと外し、さらに、お尻を触った渡辺に大激怒。「〇〇が悪い」と三者三様の意見をブツブツと主張して揉めている3人だが、そんな彼らの背後では電話が鳴っていて、どうやら客から仕事の依頼があった模様。可愛らしい声で電話を取った店長が、ついに、騒がしすぎる3人に衝撃の言葉を放つ。

岡村と鈴鹿の絶妙な凸凹感はもちろん、橋本や馬場の思い切った演技が爽快で、笑いを誘うコミカルなシーンに仕上がった。見た目も中身も超個性的なバイトメンバーたちの関係性をユーモラスに描いたこのシーンは、本作においても重要な見どころの1つ。実際の撮影現場でも、瑠東監督を筆頭に、常に笑いが絶えなかったという。アクションだけでなく、爽快な笑いが詰まった本作をぜひ劇場で楽しんでみては。

<STORY>
ゆるふわピンクボブの菊野ケイは日商簿記検定2級合格を目指し専門学校に通っていた。学校帰りのバスでビジネスマン風の青年テラノと出会い、ケイは胸を高鳴らせながらもいつも通りバイト先へ。一見、フツーのラーメン屋だが、その実態は殺し屋。ケイは、指名ナンバーワンの凄腕の殺し屋だったのだ……!!キレたら恐い店長、不自然ヘアーの運転手ヅラさん、ケイに想いを寄せる渡辺と孤高のスナイパーだりあがバイト仲間だ。この日の依頼は、巨大なヤクザ組織を仕切る三代目組長からある人物を殺して欲しいという内容だった。そのターゲットとは巨大な抗争の渦中にいるヤクザの会計士、バスで出会ったテラノだったー。そこにケイを狙う最狂の殺し屋みちたかくんまで現れて……!?菊野ケイ、史上最悪のバイトをどう乗り切る!?

■『バイオレンスアクション』
8月19日(金)全国の映画館で公開
【出演】
橋本環奈、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉
猪塚健太、箭内夢菜、兵動大樹(矢野・兵動)、くっきー!(野性爆弾)
佐藤二朗/城田優、高橋克典/岡村隆史 ほか
【原作】
浅井蓮次・沢田新『バイオレンスアクション』(小学館「やわらかスピリッツ」連載中)
【主題歌】[Alexandros]『クラッシュ』
【挿入歌】
MAN WITH A MISSION『Tonight, Tonight』(ソニー・ミュージックレコーズ)
NOMELON NOLEMON『タッチ』(Sony Music Entertainment (Japan) Inc)
キム・ヒョンジュン『Song for a dreamer』(HENECIA MUSIC)
Fear, and Loathing in Las Vegas『Tear Down』(Victor Entertainment . inc.)
【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(C) 浅井蓮次・沢田新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ