「好きな人との距離が縮まらない時」に考えられる理由6つ

みのり

「好きな人との距離が縮まらない時」に考えられる理由6つ



好きな人がいるのに、距離が全然縮まらないとき、何ができるか悩んでしまいますよね。そんな時は一度、客観的に好きな人とあなたとの距離を見つめ直すことが大切。
そこで今回は、片想い中に距離が近づかない理由についてご紹介します。

相手のことを追いすぎている


好きな人との距離が縮まらない原因のひとつはズバリ、相手のことを追いすぎているから。基本的に男性は、好意を持ってくれていること自体を嬉しく思っています。ただ、そのアピールが強すぎたり、相手の都合を考えないものだと逆効果になるので要注意です。

例えば、相手の返信も待たず、1日何度もLINEや電話をしたりしていませんか?ほかにも、仕事中、特に用もないのに話しかけたりをくりかえしていると、相手も疲れます。好きな気持ちは純粋なのに、もしかしたら重く感じられたり、一方的な連絡を面倒だと感じているかもしれません。
男性は、追うよりも追いかけたい傾向にあります。ですので、アピールばかりで追っている方は、ちょっとだけお休みしてみて下さい。

相手好みを演じている


こんなに好きなのに、イマイチ二人の距離が縮まらないと思う時は、相手の好みにあなたが合わせ過ぎているのかもしれません。「嫌われたくない」「好きになってほしい」「良い印象だけを持ってほしい」と思うあまり、自分よりも相手を優先させすぎているのです。
確かに、好きな人のタイプになりたい気持ちは分かりますが、いつでも二つ返事で「OK」だと、ただの都合の良いだけの人になっています。

また、相手の好みに無理に合わせて演じていると、男性側としても思い通りになりすぎて、本当はどんな人なのか見えなくなったり、実は物足りなく思っているなんてことも!あなたも予定を変更しなくてはならなくなるので、嫌な事やできないことはキッパリ断る勇気も時には必要です。

あまりにも相手のことを知らなさすぎる


相手のことをよく知らず、やみくもにアプローチしても距離は縮まりません。例えば、好きな人にネクタイのプレゼントを渡したい時、「どんな色が好きなのか」「普段はどんなネクタイをしているのか」といった、相手の好みをリサーチしますよね。

そしてそこで、相手の好きなブランドや色を選べば、喜ばれ距離は縮みます。相手も「自分の好みを知ってくれている!」と嬉しい気持ちになります。逆に、そもそもネクタイをしない人にネクタイを送ると、受け取った方はなんだか期待外れで距離は縮まりません。

ほかにも、たくさん話したいと思ってアタックしても、考えが合わなかったり無知すぎたりすると、つまらないと思われてしまいます。だからこそ、普段の相手の会話から好みや価値観、将来の展望などを把握しておく必要があるのです。

そもそも好意が伝わっていない


好きな人との距離が縮まらない原因は、そもそもあなたの「好きな気持ち」が伝わっていないのかも…。何にもアクションしなければ相手は気付きません。気がつかないならその先の展開もありません。

好意をほかの人には知られたくなかったり、知られたら恥ずかしい気持ちがあるでしょうが、距離を縮めたいならやはり自分から何か行動しなければ、状況は変わらないのです。いつまでもただの同僚、取引先の一人でしかありませんよ。

まずは、自分から話しかけてみたり、笑顔を向けてみたりして下さい。男性は鈍感な生き物なので、具体的な行動や言葉がないと中々気づきません。見つめて受け身でいるのではなく、意識してもらうように印象付けましょう。

相手に過剰に期待している




片思いの時にありがちなのが、相手への過剰な期待です。「好きなのだから好きになってくれるはず!」「デートに誘ってくれるはず」「向こうから告白してくれるはず」と、自分だけの妄想の世界を広げてしまっていませんか?

そして、現実では二人きりになることもなく、返信も良いリアアクションもない…と、現実に落胆してしまうのです。また、具体的な妄想ではなくても、「これだけ尽くしたから両想い!」と見返りや鷹をくくっていると、思うような進展がないときのショックが大きくなります。

相手が、こちらの気持ちに気づいているのは当たり前ではありません。まずは現実の状況を冷静に見つめ直して、そこから少しずつ自分から行動していくのがベスト。

相手が女性の気持ちに気付いていない


世の中のすべての男性が、恋愛に積極的で女性の気持ちが理解できるわけではありません。中には、鈍感で女性からのアプローチに全く気がつかない男性もいます。

例えば、あなたが毎回残業で一緒になっているのに、相手にとっては仕事熱心でリーダーシップのある女性だと思われているかもしれません。恋愛感情や好意があると分からないため、距離はいつまでも縮まらないのです。

もし、時間をかけて頻繁にアプローチしても進展がないのなら、行動だけではなく、言葉にするという方法を試してみて下さい。いきなり告白はちょっと…という方の場合、「カップルが多い場所に誘ってみる」「二人きりのご飯に誘ってみる」のはいかがでしょうか?とにかく好意を伝えることが大切です。

距離が縮まらない時の対処法①素直に打ち明ける


好きな人との距離が縮まらなくて悩んでいるのなら、素直に気持ちを打ち明けるのが一つです。なぜなら進展しないのは、相手があなたのことを恋愛対象として意識していない可能性があるからです。

ストレートに「好きです」「つき合ってください」というのもいいのですが、突然言われる方からすれば困惑する恐れがあるので、見極めなければいけません。ですから、「あなたに興味を持っています」「あなたのことをもっと知りたいです」「仲良くなりたい」と、半歩近づけるくらいの言葉を会話や態度に織り交ぜるのがオススメです。

友達や同僚という立ち位置から、友達以上の距離感になるところを目指して下さい。根気よく話しかけることで、相手も徐々に慣れて向こうから誘ってくれるかもしれません。

距離が縮まらない時の対処法②接点を増やす


相手と自分との接点を増やすこともまた、距離を縮めるのには効果的な方法です。特に、好きな人の周りにいつも異性がいれば、アプローチも伝わらない可能性が高いです。差別化を図るために、変わった話題を振ってみたり、ほかの人が気づかない部分をフォローしていきましょう。

もし、仕事上のお付き合いがあるなら、個人のメールやLINEなどの連絡で親密になるのも!普段は業務上の丁寧な会話でも、たまに親しげなトーンの言葉にしてみると、印象が変わって気にかけてもらえるかもしれません。

何気ない内容でも、何度も会話を重ねたり意見を交換したりするうち、自然と二人の距離は縮まっていきます。まずは仕事関係から相談してみると、そこから会話を広げやすいですよ。

まとめ


今回は、好きな人との距離が縮まらない原因と、縮まらないときの対処法についてご紹介しました。基本的に、自分から何かアクションを起こさないと状況は変わりません。妄想だけで過ごしていても、距離は縮まらないのです。

少しずつコミュニケーションをとりながら、距離を縮めていきましょう。自分の「好き」という気持ちと、相手の都合やタイプを考えながら作戦を練ってください!

画像出典:istock

当記事はみのりの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ