「ピークはもう過ぎた」辛辣批判に白鵬が奮起「黙っていられるか!」

アサ芸プラス


 今から10年前。2012年三月春場所で22回目の優勝を達成した白鵬は、「32回の優勝回数を目指せ」との大鵬のアドバイスを胸に五月場所に挑んだ。

だが、初日に安美錦に押し出されて黒星スタート。しかも、この相撲で左手人差し指を痛めてしまう。取材陣には「大したことはない」と応じた白鵬だが、これがのちにとんでもないことに…。

悪夢は7日目から始まった。平幕の豊響に小手投げで黒星を喫すると、中日8日目には豪栄道に寄り切られ、9日目豊ノ島に首投げで3連敗。

記者から「怪我が原因か?」と問われると「この指は関係ないね! 相手より自分が弱い。だから負ける。それだけですよ!」と気丈に答えた。

だが、実は指ははく離骨折していたのだ。白鵬にはいつも大鵬に言われていたことがあった。

「横綱たるもの 怪我 病気の言いわけはいっさい言わないことだよ。弱いところは、絶対に相手に見せちゃあダメだ」

この教えを守り抜いていたのだった。結果、最大のピンチではあったものの、10日目からはなんとか白星を並べて千秋楽を迎え…。

こうしたエピソード満載の白鵬の自伝漫画を連載中なのが「週刊アサヒ芸能」。8月9日に発売された8月18/25日合併号では、ようやく「一人横綱」から解放された直後の白鵬を描いている。

同じ12年の七月名古屋場所、九月秋場所と2場所連続優勝したのが日馬富士だった。日馬富士はこの後、第70代横綱に昇進したのである。

次の十一月九州場所からは、東西に両横綱が並ぶことになる。そのことを素直に喜ぶ白鵬だったが、自身の12年の優勝は三月春場所の1回のみ。「白鵬のピークはもう過ぎた」と囁かれ始めたのもこのころである。

「こんなことを言われて黙っていられない!」

そして迎えた十一月九州場所。その結果は…。続きは「週刊アサヒ芸能」で──。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。