壇蜜、夫・清野とおる氏にも理解されなかったこととは?「ネズミを解凍するための…」

E-TALENTBANK


8月8日、文化放送『壇蜜の耳蜜』に壇蜜が出演した。

【関連】壇蜜「旦那さんだけを好きでいるって…」“既婚者の恋”について持論展開

番組で壇蜜は、自身の“食器事情”について「旦那の清野さん(清野とおる氏)にも『よく出来るな』って言われるんだけど」と切り出し、「うちにいるキンカジュー、エキゾチックアニマルのキンカジューが潰したバナナを食べるために使ってたお皿、割れやすいから、ヘビの(食べる)ネズミを解凍するためのお皿にしたのね」と説明。

続けて、「ヘビの(食べる)ネズミを解凍するための皿にしたら、今度は、ヘビが大きくなるにつれて食べるネズミも大きくなるのよ。だからさ、(皿の上で冷凍したネズミが)混み合っちゃって、うまく溶けなくなって、全部くっついちゃった時があって、やだなって思って」「で、それをもう、今私が使ってるの」と明かした。

その上で、「(清野氏は)『なぜそれの上にお菓子をのせて食べられるんだ?』って」「羊羹とか普通において食べてるんだけど」「最終的には飼い主のもとに戻ってきたでいいじゃないかって」と笑い交じりに話しつつ、夫には驚かれてしまったと語っていた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ