「ブチ切れました」チョコプラ松尾、“NG仕事”をやる羽目になり憤った経験を明かす「ほんとにだめなんです」

E-TALENTBANK


8月9日に放送された日本テレビ系『スッキリ』に、チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)が生出演した。

【関連】チョコプラ『イッテQ』ロケの熱量に驚き「普通の番組とはやっぱ違った」

番組の中で、“断っておけばよかったなと思う仕事”について聞かれると、長田は「僕は洞窟を探検するロケみたいなのあったんすけど」「めっちゃでっかい入口から入って、すごい鍾乳洞とかを探検するロケかと思ったら、入口がこんな入口で…」と、洞窟の入口が人一人がやっと通れるようなスペースしかないほど狭かったと説明。

その上で、「ぎゅうぎゅうに入っていくっていう」「閉所恐怖症だったんで、めちゃくちゃ怖くて」「肩幅でかいから詰まっちゃって、どうしようかなって」と振り返っていた。

また、同じ質問に対して松尾は、「僕はカエルがだめで、カエルがほんとにだめなんで、打ち合わせの時に『カエルだけだめです』って言ったのに、カエル出してきた仕事があって」とコメント。

マネージャーにも念押ししたと説明しつつ、「ほんとにブチ切れました、その時は」「ほんとにだめなんです、僕。見るだけで。今、話してるのも嫌なんですもん」と明かして笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ