「嫁たちをいびるのはおもしろいな~!」平然と最低な発言をする義母…さらに私を指さして“とんでもないこと”を言い出した!?

lamire


みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

嫁イビリが趣味の義母


義母は普段から夫の兄弟たちの嫁比べが好きでした。
他の嫁の悪口を私に、私の悪口を他の嫁たちにしていました。

そんなある日、夫の実家に行ったとき、珍しく嫁たちが全員揃ったのです。
そろそろお開きというときに、義母は笑いながら平然とみんなに言いました。

「今日は楽しかった。みんなも集まったし。やっぱり嫁たちをいびるのはおもしろいな~!」と…。

さらに、「とくにお前は顔に出てわかりやすいから面白いわ!」と、私を指差して言ったのです。
義父や夫たちは笑っていましたが、私たち嫁一同は凍りついてしまいました。

それからは夫だけで実家に帰ってもらっています。
(女性/会社員)

新居を勝手に探索する義父


一軒家を購入して、義両親を自宅に招待したときのことです。
その日はすべての部屋を案内する予定はなく、洗濯物がある部屋や寝室などは見せないようにと、あらかじめ主人と決めて自宅を案内していました。

義両親に対しても、「開けていない部屋に関しては下着があるので見せられない、洗濯物をたたんでいないので開けられない」と、事前にきちんと理由を話していたのですが…。
ある程度部屋を見せ終わってリビングでお茶を出した際、義父が「トイレに行く」と言って席を立ちました。
出典:lamire
しばらくしても戻ってこないので、おかしいなと思い様子を見に行ったところ、なんと義父は開けないと伝えていた部屋を全て開けて、中を探索していたのです…!
引き出しなどまで開けていて、泥棒のようでした。

それ以降、義両親をリビング以外には通していません。
(女性/パート)

いかがでしたか?


こんな義両親と付き合うとなると骨が折れそうですね。
適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

以上、義実家トラブルエピソードでした。

次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

当記事はlamireの提供記事です。