40代「それほど食べてないのに痩せない」人が見直すべき5つのことって?

OTONA SALONE



1000人のダイエッターにアドバイスしてる「ケトジェニックしてるミウラ」です。

相談者様は増えており、相談者様が食べてるものの写真も送ってもらっていて

「なるほど、体重が減らない人には共通した傾向がある」

と感じます。

結論としては、

1. 朝・昼・晩に必ず主食を食べる
2. 食物繊維の取り方がキャベツだけ
3. 肉類などたんぱく質が少ない
4. スーパー等の惣菜が1日2回以上
5. ダイエット栄養不足

この5点が傾向としてみられます。

今回はこれらを順に説明していきますね。

1・食事の糖質量が多い。




これはシンプルに「米とパンと麺」が食事の8割を占めてる、そして3食とも主食が必ずある。

例)
朝→おにぎり
昼→コンビニ弁当
夜→おかず+白米

みたいな感じの食事を言います。

諸説ありますが糖質の「摂りすぎ」は太ります。んで年齢と共に代謝は落ちます。歳とって3食主食食べてたら太ります。ダイエットイズシンプル。

脂肪蓄積する栄養素は「糖質」と「脂質」低カロリーだとしても、糖質もエネルギーとして使われなかったら、脂肪になります。

ので、糖質の摂りすぎは要注意。

主食3食は運動不足気味であれば、多いので、主食減らしましょう。脂っこくないオカズを増やしましょう。

ちなみに、現在38歳の三浦の食生活は


朝→プロテイン
昼→サラダ+揚げ鶏+スープ
夜→たんぱくメインのおかずと野菜

主食はあんまり食べません。

週1でラーメン食べたりはする。

でも日常的には絶対食べない。

みたいな感じです。

3年くらい生活こんな感じですが血液検査に異常もないし、むしろ体重減ってるし、体調も良い。

過度な糖質制限は長期的にオススメしないですが「主食食べまくりな人」は糖質量を減らしたほうがいいです。


2・痩せない人は食物繊維の摂り方が葉野菜サラダのみ。


「葉野菜はそんなに食物繊維とれない」ので、腸内環境への良い影響が期待できません。

食物繊維は「キノコ・海藻類」が豊富なので、弁当暮らしの人は「キノコと海藻類」をおかずに入れるようにしてみてください。

つけ合わせとかじゃなくて、ドカン!とタップリ食べる感じで。


3・痩せない人は肉類やタンパク質が少ない。


食事の写真を拝見すると「肉類少なすぎ」ってよくみます。気持ちはわかる油たっぷりの肉は太る印象がある。

ただ、タンパク質は体の原料であり、酵素の原料でもあるので、少ないと健康に暮らしづらい。

あと痩せづらくなります。

ので「魚」と「鶏」と「大豆」製品を食べるようにしましょう。ダイエットも健康においても一番良い食べ方は「蒸して食べる」です。

お肉はお肉だけなら太らない。



4・スーパーやコンビニの惣菜多め


これ忙しいから仕方ないんですけど「ダイエット中はできたら弁当が良い」です(無理だったらコンビニもOK)

理由は「自炊した食事の方が痩せる」からです。外食や惣菜類は栄養素的に「満足度が低いので食べ過ぎる」「加工油で食欲が乱れます」なのでオススメしない。

だから自炊が良いけど「忙しくて無理」って場合はストレスかからないように無理のない範囲で。

でも頑張れそうであれば、すごく大事なことなので自炊がんばってみてください。

Twitterでダイエットワイワイしてます。


「それ知りたかった」ってダイエットの微妙に誰も教えてくれないことを、実践者の三浦がツイートしてるよ。よかったらTwitterアカウント作ってフォローしてね。


当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ