OCTPATH栗田航兵&四谷真佑、『カメの甲羅はあばら骨』で声優初挑戦 好きな“骨”明かすコメントも到着

 アニメ映画『カメの甲羅はあばら骨』の追加声優キャストとして、ダンスボーカルグループ・OCTPATHの栗田航兵と四谷真佑の出演が発表された。2人はアニメ声優初挑戦。

本作は、動物たちの体のしくみが、人間の体を変形させることでよく分かる同名の動物図鑑を、“ごく普通”の高校を舞台にアニメ映画化。主人公・カメ田カメ郎役に清水尋也、クラスメートのカエル川エル隆役に磯村勇斗、担任教師・ウサギ林ウサ蔵役にでんでん、学校のマドンナ・フラミンゴ塚フラ美役にアンジュルムの上國料萌衣。ほかに、江⼝拓也、野津山幸宏、森本晋太郎(トンツカタン)らが出演する。監督は、映画館でおなじみのショートアニメ『貝社員』を生み出したモリ・マサ。脚本は田中眞一が担当する。

今回新たに出演が決定した栗⽥が演じるのは、声の大きさと勢いで人気者然とする・ワニ渕ワニ平役。大きな口を開閉させて、声量で場を制圧する『ヤンチャなのに笑いのセンスもあるぜ?』系カースト上位。一方、四谷が演じるのは、自信家のナルシスト・ワシ崎ワシ也役。自信家のナルシストで、流行を常に取り入れる紋切型ファッションカースト上位。ワニ渕と「ワニワシチャンネル」を動画投稿している。

栗田は「演技とかは無縁だと思ってたので、【え?俺ですか!?本当にですか!?】と2度聞きしました。演技もとても難しいのに、声で感情を表したり声優のお仕事はすごく難しいと聞いていたので僕で大丈夫かなぁと思いましたが、監督の方達とお会いして台本を読んでいくうちに難しいけど楽しい!って思えたので新鮮で凄く楽しかったです!」とメッセージ。

四谷は「お芝居の経験は少しありますが声だけで表現する事は初めてだったので不安がありました。ですが声1つで表現する事の奥深さや魅⼒にとても今回で魅了されました。本当にとても楽しかったです。そして動物の『骨』を⼈に置き換えるとここの『骨』になる。という点でキャラクターも『骨』を重きに置いた性格や⾏動になっているのでそこに着目して観て頂けると嬉しいです」と呼びかけた。

なお、「好きな骨」について栗田は「軟骨」をあげ、「叩くと大きくなるらしいので!」とコメント。四谷は「肘の骨(肘頭や内側上顆)」とし、「肘の骨の出っ張りが良いと思います!」と話している。

アニメ映画『カメの甲羅はあばら骨』は、10月28日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ