“ちょこっとバイト”で60代を豊かにする8業種。コミュニケーション苦手でも時給1200円から

日刊SPA!

 定年延長や廃止を検討する企業が出始め、定年後再雇用が当たり前になりつつある昨今。けれど週刊SPA!は「断固NO」。60歳で颯爽と会社を去り、充実した老後生活に突入するのだ。そのためには当然準備が必要。明るい老後を叶えるべく60歳で会社を去る方法を徹底調査。今回は老後の“ちょこっとバイト”を考える。

◆心と体と生活を守るために定年後は“ちょこっとバイト”

定年後の生活費は年金だけでも生きていける。そのうえで、少しの収入があれば……。仕事で得ていたコミュニケーションや生きがいを定年退職で一挙に失い、強い喪失感を味わうのも怖い。そんな不安の処方箋は“ちょこっとバイト”にあるかもしれない。週2~3日、あるいは一日数時間だけ働く。そういう働き方ができたらたしかに嬉しいが、そんなうまい話はあるのだろうか。

求人サイト「マイナビミドルシニア」編集長の三好裕氏は「シニア世代のスキルを生かせる短時間バイトはあります」と話す。

「中高年は若者と比べ体力面で劣り、成長も緩やかです。その代わり社会人としての豊富な経験がある。そういった長所が必要とされる仕事が意外とあるんです」

高齢者向けの求人が多いオススメ三大バイトは「マンション管理」「コールセンター」「送迎ドライバー」だという。

「いずれも広い意味で“お客様対応”の仕事です。住民の用件に応える。顧客の要望をくみ取る。乗客を細やかに気遣う。こういうコミュニケーションは若者よりも、場数を踏んだシニアが得意。また、人と話せる仕事は、定年後に人間関係が希薄になりがちな男性のメンタルに、いい影響を与えるので勧めたいですね」

◆コミュニケーションが苦手なら…

反対にコミュニケーションに苦手意識があるシニア男性には「軽作業」のバイトに求人が多いので安心してほしい。体力を必要とする仕事ではあるが、現場作業員よりは体への負担は少なく、黙々と単純作業ができる。

◆定年前にどんな準備が必要?

このように定年後の働き口は多い。では、定年前にどんな準備が必要だろうか。

「現職と異なる業界や職種を知るべき」と話すのは、労働者の相談に携わる社会保険労務士の須田美貴氏だ。

「現在の中高年には、転職未経験者も多く、新しい仕事を敬遠しがち。現職が副業可なら、定年前に他業種をバイトでいくつか体験し、自分にできる仕事を見つけましょう」

◆働きすぎると年金減額も

また定年後、実際にバイトをする際には、年金制度を理解しておく必要もある。

「例えば現在だと、厚生年金受給額と給与の合計が月47万円以上で年金が減額される。なので、働きすぎないバイトがいいんです。制度変更はこの先も十分ありえるので、定年後も確認するのを忘れずに」

退職後、ひとまず休んでから次の仕事を探す男性もいるが、須田氏はそれに否定的だ。

「急に毎日が休みになり、喪失感に苛まれ、うつ病になる方もいます。社会との繫がりを保つことが大切なんです」

◆老後にオススメの“ちょこっとバイト”8選

▼マンション管理(時給1200円前後)

「営業職などで、コミュニケーション能力を培った方にオススメ。管理業務主任者資格を取得すれば、採用で有利です」(三好氏)

▼コールセンター(時給1350円前後)

「シニアの落ち着いた雰囲気に需要があります。受電のみや営業、夜間業務など働き方によって、時給も1100~1600円と幅があります」(三好氏)

▼送迎ドライバー(時給1200円前後)

「福祉送迎」「病院」「学校・幼稚園」などでさまざまな施設が直雇用する。「運転ルートと時間も固定で働きやすい。時給は1200円前後です」(三好氏)

▼エキストラ(一回5000円前後)

映画やドラマの撮影に参加する。「待機時間が長く、謝礼は多くても5000円と少なめですが、有名人を間近で見られて楽しいバイトです」(須田氏)

▼軽作業(時給1200円前後)

「会話が苦手な方にはもちろんですが、繁忙期には期間限定の案件も多く、一気に稼ぎたい人にもオススメです。時給は平均1200円になります」(三好氏)

▼ファストフード店スタッフ(時給1100円前後)

「同じ接客業でもコンビニより覚える業務は少なく、シニア層に向いてます。『若い世代と働き、元気をもらえる』と語る方が多い印象です」(須田氏)

▼アンケートモニター(時給3000円前後)

「Web回答は謝礼が少額ですが、指定の場所で行われる『会場調査』は短時間で高額謝礼がもらえます。さまざまな商品を試せるのも刺激的です」(須田氏)

▼施設警備(時給1100円前後)

「イベント警備や交通誘導より時給は低めですが、勤務地を選びやすい施設警備は、オフィスビル、学校、商業施設を中心に求人も多いです」(三好氏)

※各賃金は識者2人にヒアリングした東京での相場です

◆【求人サイト編集長 三好 裕氏】

「マイナビミドルシニア」編集長。’16年、中高年向けの求人サイト「マイナビミドルシニア」の立ち上げに参加。’22年からマーケティング統括部長に就任

◆【社会保険労務士 須田美貴氏】

「労働相談須田黒田事務所」で労働相談を受ける。労働者側社労士の会代表。産業能率大学講師。YouTubeチャンネルは「探偵★労働者側社労士 須田美貴」

取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/杉原洋平 モデル/丹羽俊輔 野田順久 山村ひびき

※週刊SPA!8月9日発売号の特集「[今から備える]60歳で[もう働かない]技術」より

―[[今から備える]60歳で[もう働かない]技術]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ