『連れカノ』第6話 結女と水斗、中間テストで対立!

2022年7月6日(水)から放送中のTVアニメ『継母の連れ子が元カノだった』の第6話あらすじ、先行カットが公開となった。

『継母の連れ子が元カノだった』(紙城境介・著、たかやKi・イラスト)は、第3回カクヨムweb小説コンテスト《ラブコメ部門》大賞受賞のライトノベル。
親の再婚で義理のきょうだいになった別れたばかりの元カップル。あの頃の思い出とひとつ屋根の下という状況から、どうしてもお互いを意識してしまい——!?

第6話は8月10日(水)21:00よりAT-X、同日24:00よりTOKYO MXほかにて順次放送開始。ABEMAにて同日21:30より地上波先行・独占配信開始となる。

あらすじ、先行カットはこちら!

<#6 元カップルは競い合う「馬鹿にしないでよっ!!」>
高校に入って初めての中間テストがやってきた。
入試トップ、学年主席の才媛……その座を守ろうと必死の結女は、あまり勉強をしていない様子の水斗に突っかかる。さらに、テスト本番にとある行動を取った水斗につかみかかる結女。
しかし、水斗も一方的に自分を責める結女に黙っていられず、思わず食ってかかってしまう。

>>>第6話先行カットを全て見る(写真8点)

(C)紙城境介・KADOKAWA/連れカノ製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ