『魔法のリノベ』愛くるしい表情で好演・吉野北人、YOUとのゆる~いトークもアクセントに

dwango.jp news


波瑠が主演を務める月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジ系/毎週月曜夜10時)は今夜第4話を迎える。三男・竜之介役で出演している吉野北人からコメントが到着した。



本作は、本作は、大手リフォーム会社の元エース・真行寺小梅(波瑠)が、ワケあって街の工務店に転職、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)とバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法で”依頼人が抱える問題を解決し、人生を後押ししていく“人生再生!リノベーショお仕事ドラマ”。

これまでの放送で、築60年の古民家、40代夫婦の寝室、海辺の事故物件と、さまざまな物件をリノベーションし、家はもとより、依頼人の人生をもリノベしてきた小梅と玄之介の“梅玄コンビ”。お互いに過去の傷をさらけ出し、欠点を補い合いながら成長を遂げる2人の姿や、「まるふく工務店」のメンバーと紅一点の小梅が織りなすコミカルな会話劇、さらに、登場人物たちが勇者や魔法使いなどに扮する一風変わったファンタジーシーンも、「クセになる」「RPG感満載でおもしろい」と話題を呼んでいる。


今夜放送される第4話の舞台は、一年前に夫を亡くした小山田真理(渡辺真起子)が、息子の昌輝(佐伯大地)と暮らす、築20年の一戸建て。外装屋の番頭の華丸(寺島進)が指揮をとり、外装リフォームを行うことになるが、突然、義理の姉・保科千恵子(浅野ゆう子)から「この家は家相が良くない。主に災いをもたらす相だ」と忠告され、真理が工事のキャンセルを申し出る。そのうえ、千恵子のアドバイスをもとに、「なによりも風水を優先でいきたい」と主張し始めたことで、営業の小梅と玄之介はもちろん、設計担当の竜之介にも、無茶な要求が突きつけられることに。


福山家の三男で設計士の竜之介を演じるのは、人気ダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルで、俳優・モデルなどさまざまなフィールドで活躍している吉野北人。クールでひょうひょうとしているが、甘え上手で要領のよい絶妙な末っ子感を醸し出す竜之介を、持ち前の愛くるしい表情で好演している。



そんな竜之介は、小梅や玄之介が持ち帰った難しい要求に対し、文句を言いながらもきちんと形にする、設計士としても確かな腕を持つ。行きつけのバーで、YOU演じる店主の京子と織りなすゆる~いトークも物語のアクセントとなっていて、今後は、このバーで新たな出会いも…!?

また、最初こそ、入社してきた小梅をどこか怪訝な目で見ていたが、やがて、どんな時も仕事に真摯に向き合う小梅が気になり始め…と、少しずつそれぞれの関係性に変化が訪れる。物語の今後のキーマンの一人、竜之介演じる吉野北人からコメントが到着した。


Q.吉野さんが思う『魔法のリノベ』の魅力を教えてください。

生活しているお家のリノベーションだけではなく、その家に住んでいる人の人生に真摯に向き合い、家も人も豊かにしていく心温まる作品になっているところが魅力だと思います!!

Q.福山竜之介を演じるにあたり、意識していること、参考にしたことがあればお教えください。

男だらけのまるふく工務店の末っ子設計士ということで仕事に関してはしっかりこなすのですが、普段は少し抜け目のある、弟感のあるキャラクターなので竜の可愛さが出るように意識しています!

Q.これまでの放送を終えて、周囲の方の反応はいかがですか?

家族やスタッフさんなど周りの方々からの嬉しい評判が多く、本当に素敵な作品に出演できて嬉しく思います!

Q.最近の撮影現場の雰囲気を教えてください。

個人的には楽屋や撮影の合間での波瑠さんとエンケンさんの会話が凄く面白くて好きです!常に笑いの絶えない明るい現場です!

Q.撮影を乗り切る吉野さん自身のリラックス方法はありますか。

最近コーヒーマシーンを買ったので撮影前にコーヒーを入れてから現場へ向かいます!

Q.4話のみどころ・視聴者へのメッセージをお願いします!

第4話は“風水リノベ”です。毎週さまざまな問題を抱えるお家のリノベーションに加え、小梅自身が抱える魔物とどう向き合っていくか、大きく動き出す見どころ満載の4話になっています!引き続き、ぜひ楽しんでご覧ください!


「まるふく工務店」に外壁の塗装と瓦屋根の補修を依頼していた小山田真理(渡辺真起子)が、突然、キャンセルを申し出る。すでに工事は始まり、足場も組んでいたことから、外装屋の番頭・華丸(寺島進)は怒り心頭。慌てた小梅(波瑠)と玄之介(間宮祥太朗)が小山田邸に向かい、話を聞くと、真理は、風水に精通した義理の姉・保科千恵子(浅野ゆう子)に、家相が悪いことを指摘されたという。

「このままじゃ、私も不幸になる」――。真理は千恵子の言葉をすっかり信じていて、必死に説得する小梅の言葉ももはや届かない。風水優先の内装リフォームへとプラン変更を求められた小梅たちは頭を抱えるが、やがて小山田家のある事情を聞いた小梅と玄之介は、真理の心中を察し、ある提案をする。

その頃、小梅が不在の「まるふく工務店」には、久保寺(金子大地)の元カノ・桜子(北香那)の姿が。

蔵之介(遠藤憲一)によると、桜子は小梅が戻ってくるまで待つと強引に居座ったあげく、突然、一同の前で泣き出し、最後は、さもワケありな雰囲気を醸し出しながら、芝居がかった様子で帰って行ったという。話を聞いた小梅は、厄介な客の常識外れな訪問に戸惑いながらも、ついに決着のときがきたかと、覚悟を決める。一方で、玄之介はそんな小梅のことが心配になって!?

■『魔法のリノベ』
毎週月曜よる10時~

(C)カンテレ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ