岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

エンタメOVO


 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。8月8日から上演される、三谷幸喜・作のパルコプロデュース2022「VAMP SHOW ヴァンプショウ」には、5人の吸血鬼の一人、島寿男役で出演する。岡山に本作への意気込みや俳優業への思いを聞いた。(コロナウイルスの影響により開幕が延期。詳細は公式サイトで要確認)

-コメディーに出演するのは初めてだそうですが、ほかの作品に出演するときと気持ちの面での違いはありますか。

作品に臨む気持ちには違いはないです。ただ、台本で決められた枠からはみ出していくことをあらかじめ考えて作られている台本だと思うので、即興的なお芝居が増えるんじゃないかなという予感はあります。5人の吸血鬼役のキャストたちが突発的な何かを起こすことで、新しい世界が広がっていくと思うので、そこは楽しみです。きっとスリリングな時間になるんじゃないかなと思います。

-三谷さんがこの台本を書いてから30年たっていますが、初演・再演を再現するように作るのか、それとも初演とはまた違うものになるのかというところも楽しみです。

部分的には初演から変わっているところもありますが、ベースは当時のものを踏襲しています。ただ、初演も再演も、ずっと舞台で活躍されていた方たちが集まって作られた作品で、ビジュアルの凸凹感があり、見た目からもはっきりとキャラクターが見えていました。今回は、映像を中心に活動しているキャストが多く、フォルムも今時の若者っぽい俳優が集まっているので、同じものにはならないと思います。やはり現代版という風合いのものになると思っています。

-今回、岡山さんが演じるのは吸血鬼という役柄です。

(劇中の)時代は、現代ではありませんが、それでも日本で実生活を送っている若者という生々しさがある5人組です。なので、吸血鬼とはいっても、ファンタジーの世界観で描かれた吸血鬼ではなく、「もしも日本のどこか片隅に5人の若い吸血鬼がいたら」という想像のもとに描かれたようなキャラクターです。そのファンタジーと現実のギャップは、とてもシュールで面白い。(演出の)河原(雅彦)さんから、この作品はコメディーだけど、太陽の光を浴びることができないとか、血しか飲めない吸血鬼であるということを深く掘り下げて、(頭の中に)持っておいてほしいとお話しされました。若者たちがファミレスで雑談をしている感覚で「人の血を吸う」という話をしているというのが面白いし、この作品ならではの魅力だと思います。

-映像作品で活躍している岡山さんですが、舞台に出演する際に心掛けていることはありますか。

発声や体でどう表現するかということはもちろんありますが、舞台と映像の違いというよりは、作品ごとの違いの方が大きいように、今、この作品に携わっていて感じています。ドラマでも作品によって体感は全然違いますし、舞台でもシリアスな作品とコメディーとでは、違う乗り物を操縦しているかのように違います。例えるなら、これまでの作品は乗用車だったのに、今は、ガンダムに乗り代わっているような感覚です(笑)。公演が始まる頃には、スポーツカーぐらいに戻さないといけないかもしれませんが、今はまだ稽古が始まったばかりなので、試しにガンダムに乗っています(笑)。なので、今、すごく新鮮です。僕はこれまで舞台でアドリブもしたことがなかったので、これぐらいでいいのかなと試しながら、表現している感覚があります。

-では、舞台ならではの魅力はどこに感じていますか。

スリルかもしれないですね。映像でも舞台でも、どちらも緊張はするのですが、舞台に立つときの方がよりスリリングな感触があります。

-今回は、アドリブが多いということなので、よりスリルがあるのでは?

そうですね。どうなるんですかね、アドリブ(笑)。もちろん、確たるルールや美意識があった上でのことですが、それでもある種、自由度が高い作品だと思うので、自分でも、まだどんな形になるのか分かりません。ですが、劇中の吸血鬼5人組のように、キャストたちもお互いに信頼し合って、手を取り合って濃い絆が作れたらと思います。

-ところで、岡山さんは「中学生日記」のオーディションがきっかけで俳優としてデビューしました。当時から、芝居がしたいという思いが強く、オーディションを受けたのですか。

いや、単純に「中学生日記」が好きだったんで、ミーハーな思いで。「ミッキーに会えるなら、ディズニーランドに行きたい」と同じような感覚です(笑)。なので、最初はめちゃくちゃ大変でしたし、お芝居の面白さどころではなかったです。

-いつ頃から面白くなったのですか。

キャリアを重ねて徐々にですね。必然的に出会う人も多くなって、自分にパワーをくれる方との出会いもありました。僕は、良くも悪くも出会ってきた人たちの言葉で今の自分がデザインされているんだと思います。それはある種、“呪い”です(笑)。呪いというとネガティブなイメージですが、それだけ僕にとってそれらの言葉が大きな意味を持っているんです。

-それは、どんな言葉ですか。

「楽しいというのがお芝居の大前提で、そこからスタートだ」と言っていただいたのは印象に残っています。それはあるワークショップで出会った方の言葉なのですが、その考え方や、頂いた指導がすごく自分にフィットして、仕事に対する向き合い方がガラリと変わりました。それまで「苦しんだ方が成長する」とか、「苦労は美しい」という考えにばかり触れてきたので、苦労の先にやっと行き着けるところがあるんだとどこかで思っていたんだと思います。ですが、全然そんなことはない。楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいあるんです。それに、行き着きたい場所を設定してしまうと、もし、これ以上進めないということが起こったときに、絶望を感じてしまうと思うんです。これまでやってきたことって何だったんだ、生きてきた時間が全部無駄だったんじゃないかって。なので、「楽しい」ということが大事なことだと思うようになりました。

-では、今、俳優業を続けていて一番、大切にしているのは「楽しさ」ですか。

そうですね。極論を言ってしまえば、例え、お芝居が破綻していても、楽しければいいかなと(笑)。そのぐらいの気持ちでいたいと思っています。

(取材・文・写真/嶋田真己)

パルコプロデュース2022「VAMP SHOW ヴァンプショウ」は、8月8日~28日に都内・PARCO劇場ほか、愛知、大阪、福岡で上演。※コロナウイルスの影響により開幕が延期。詳細は公式サイトで要確認。
公式サイト https://stage.parco.jp/program/vampshow/

当記事はエンタメOVOの提供記事です。