加藤浩次、キンコン西野が語った「世界中の人たちが患っている病」に共鳴

fumumu

『迷えるとんぼちゃん』(画像は『迷えるとんぼちゃん』より)
4日放送の『迷えるとんぼちゃん』(ABEMA)に登場したお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんが、今必要な“ワード”について語りました。

熱弁する西野さんに、MCを務める極楽とんぼの加藤浩次さんは「すげーなお前」と感心する一幕も。

画像をもっと見る

■西野が「現代病」と感じていること


芸人でありながらも、絵本や映画、ミュージカルなど手掛けている西野さんですが「次、メッセージってなんなんだろう」「世界中の人たちが困っている問題やトラブルってなにがあるのかな」と考えを巡らせていたそう。

そして、世界中がスマホ社会になっている今、「世界中の人たちが患っている病って『下を見る』っていうこと。これは現代病だな」との答えに行き着いたことを明かすと、加藤さんも「確かに」と納得した表情を見せました。
『迷えるとんぼちゃん』@ABEMA

関連記事:鬼越・坂井「自分で見て引きました」 失言・セクハラ発言炸裂に猛省

■加藤「西野のオンラインサロン入りそう」


そして、西野さんが思いついたキーワードは「ルックアップ」。

「上のほうに物語をつくる。屋根の上なのか、煙突の上なのか、星空なのか…そっちにファンタジーをつくって『ルックアップです』というメッセージ…とすればめちゃくちゃ刺さる」と説明しました。

西野さんの話に、加藤さんは「やべぇやべぇ、西野のオンラインサロン入りそうだわ、俺」と感銘を受け、引き込まれてしまったようです。
『迷えるとんぼちゃん』@ABEMA

■ブロードウェイでも「ルックアップ」


また、6月にはブロードウェイで『えんとつ町のプペル』の「リーディング公演(関係者に向けてのストーリーのお披露目・プレゼン公演)」があった西野さん。

「それをやった時も『ルックアップ』がめっちゃ刺さった」「手応え、めちゃくちゃありました」と振り返ると、加藤さんは「お前、やったな!」「すげぇなお前!」と称賛を送りました。
『迷えるとんぼちゃん』@ABEMA

■じつは、サッカー用語

『迷えるとんぼちゃん』@ABEMA
西野さんは「今、ルックアップなんすよ」「ルックアップは大事」と熱弁するなか、加藤さんは「“ルックアップ”って、サッカー用語だったんだよな」とコメント。西野さんは「そうなんすか!?」と、これは初耳だった様子。

「ボール持った時に、まず『顔を上げろ…ルックアップしろ』っていうのが、サッカーの基本なの。ボールが来た、トラップする、視野が狭くなるから下を見るんじゃない、周りを見ろっていうのが基本の“ルックアップ”なんだよ」と解説。

加藤さんの話に西野さんは、「面白いっすね~」と興味深そうに耳を傾けていました。

来年あたり「流行語大賞」に“ルックアップ”“が登場するかもしれませんね。

・合わせて読みたい→西野未姫、彼女アリの弟とのショットを公開 「運命の出会いに期待」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。