大阪府から届いた書類の中身に「羨ましい」「うちの地域にも配って」

grape

2022年8月現在、原材料価格の高騰や円安の影響を受け、食料品や生活必需品など、多くの商品が値上げされています。

今後も値上げラッシュは続く見込みで、家計の圧迫により生活が苦しくなる家庭も出てくるでしょう。

Ramune-pc(@Ramunepc)さんがTwitterに投稿した、自宅に届いた書類を紹介します。

投稿者さんが住んでいるのは、大阪府内。

「大阪の子供たちと、その保護者等の皆様へ」と書かれた書類には…。

大阪府では、子育て支援の一環として、府内市町村に住民登録している18歳以下の子供たちに対し、1人当たり『1万円のギフトカード等』を配付しています。

投稿者さんの自宅に届いたのも、その1枚。

同年6月30日時点で、住民基本台帳に登録されている人のうち、2023年4月1日時点で18歳以下の子供が対象です。

2022年7月27日から、対象の子供がいる家庭に、簡易書留で順次郵送しているといいます。

なお、泉佐野市・富田林市・河内長野市・箕面(みのお)市・羽曳野市・河南町の6市町では、それぞれが事業主体となって配付を行っているとのこと。

配付内容などの詳細については、各自治体で確認できます。

書類が届き、「ものすごくありがたい」と嬉しがった投稿者さん。

大阪府の取り組みに、「自分の自治体でもやってほしい」「うらやましい」と大きな反響が上がっています。

物価高騰が続く昨今、少しでも生活を支援してもらえると、助かる家庭は多いもの。

世の中の情勢が落ち着き、生活が少しでも上向いていくといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @Ramunepc

当記事はgrapeの提供記事です。