日向坂46齊藤京子、小3レベルの漢字を六本木のど真ん中で間違う!

asageiMUSE


 どうやら8月いっぱいはその恥ずかしい間違いがさらされることになりそうだ。

8月3日深夜放送の「キョコロヒー」(テレビ朝日系)では、MCのヒコロヒーと日向坂46の齊藤京子が、午前10時にテレビ朝日の局舎前に集合。同所にて8月28日まで開催されている「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」に出店している番組の公式ショップを訪れた。

ここで二人が係員の制止を振り切って壁に貼られたメニューにイタズラ書きをするも、そこで恥ずかしい間違いを露呈してしまったという。

ショップにて番組で考案した「旨シビ辛マーボードッグ」を試食すると、齊藤は「めっちゃ辛い!」とビックリ顔。ヒコロヒーは辛さに顔をしかめつつ「マーボーの辛さじゃないから」とクレームだ。それでも齊藤が「しっかり辛いので、辛い物好きな方はめっちゃ最高って感じです」とフォロー。番組MCとしての役目を果たしていた。

「二人は続けて番組オリジナルの『ヒコロヒーのフライデーバーガー』と『京子の愛車オープンサンド』にトライ。食べにくい、めっちゃ手に付くなどと文句はつけていましたが、番組側の撮り方が上手いこともあり、二つとも実に美味しそうです。これなら番組ファン以外の来場者にも喜んでもらえるのではないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 食レポの出来栄えはともかく、「京子の愛車オープンサンド」が美味しそうなことはしっかりと伝わっていたようだ。「キョコロヒー」公式ツイッター(@kyoccorohee)より。

食レポの出来栄えはともかく、「京子の愛車オープンサンド」が美味しそうなことはしっかりと伝わっていたようだ。「キョコロヒー」公式ツイッター(@kyoccorohee)より。

番組では二人に、来場者向けのメッセージを書いてもらうことに。齊藤がサラサラと紙にペンを走らせるなか、ヒコロヒーはおもむろに壁に貼られたメニューに向かい、「旨シビ辛マーボードッグ」のところに「激辛!」と勝手にイタズラ書きをしたのであった。

スタッフが「書いちゃダメ!」と笑いながら制するもヒコロヒーはお構いなし。「ヒコロヒーのフライデーバーガー」のところにも「うまいやつ」と書き添えていたのである。

「すると齊藤も自分をモチーフにした『京子の愛車オープンサンド』のところに『私』と書き、その横に『土』みたいな字を書いたところで『間違えちゃった、漢字』と申告。もちろん消すことなどできないのでなんとか修正していましたが、彼女が書こうとしていたのは『乗』という字だったのです」(前出・アイドル誌ライター)

斉藤は最終的に「私乗ってます♡」という説明書きをコンプリート。おそらく最初からそのつもりで書いていたようだが、まさか「乗」を書き間違えるとは驚きだ。

その「乗」は小学3年生で習う漢字。それなのに最初に「土」と書いた時点でいったいどんな字を書くつもりだったのか、なんとも気になるところだ。ただ結果的に、上手く書き足せば「土」を「乗」に変身させられることも証明。どうやら応用力はなかなかのレベルにあるのかもしれない。

当記事はasageiMUSEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ