木村拓哉「生瀬の野望」参戦!自らの船で海釣り

TVerプラス

『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)が、8月3日に放送される。この日は、木村拓哉がゲスト出演する。

同番組は、世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ。「どうなの課の課長」の生瀬勝久、「主任」の博多華丸・大吉、レギュラーの森川葵、大島美幸(森三中)が出演する。

生瀬が別荘購入を目指しお金を増やす企画「生瀬の野望」。その企画の助っ人として今回登場するのが、生瀬と共演経験もある木村だ。

生瀬の切手コレクションを売って作った5000円を元手に、過去4回、釣りで金儲けを企むも、現在はマイナス4万7960円と赤字。そこで、釣りが得意な木村が、自ら船を用意し、完璧な釣りプランを作成。借金返済と黒字化を目指して、生瀬と一緒に東京湾で魚を釣りまくる。

まず狙うのは「タチウオ」。指5本分の太さのある「タチウオ」は“ドラゴン”とも呼ばれている。移動すること40分、最初の釣りポイントに到着。木村の釣り竿が反応するが……。

次に狙うのは「イナダ」や「サワラ」などの青物。海のコンディションは最高だが、なかなか勢いづかない2人。大海原のど真ん中でルアーの音だけが響く。出航から5時間。「こんな経験は初めて……」と呟く木村。その後、さらに釣りポイントを変えるが、木村は「『どうなの課』ってこんなにキツイんすね」と漏らす。

このままでは終われないと、もう一日釣りに出ることにした2人。すると、大きな「アジ」が次々釣れるなど、幸先良いスタートを切る。最後に目指すのはキロ単価1500円になるという高級魚「マダイ」。果たして、2人は釣ることができたのか!?

前回の放送では、博多華丸・大吉が「ものづくりの技術」の実態を調査した。

当記事はTVerプラスの提供記事です。