みるみる片付く!プロも長年愛用のおすすめ収納グッズ5選

Sheage


たくさんの収納用品の中から自分の家に合う収納を選ぶのは、なかなか大変なこと。収納スペースの形状や、ものの持ち方によっても使いやすさも違ってきます。やはり重宝するのは、色々な場所で長く使いまわせる収納用品。我が家でも長く愛用していて、片付けサポートでも使いやすいと評判の収納アイテムをご紹介。

1:ダイソー ブックエンド スチール


photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

スチール素材の「L字型のブックエンド」は、本が倒れ込まないように押さえるための本来の使い方はもちろん、その他家中の色々な収納の仕切りとしても使い勝手がよく、おすすめの収納用品です。写真は冷蔵庫のドアポケットにブックエンドを複数個並べて仕切りとして使っています。収納スペースを仕切る役割とドアを開けるたびに入れているものが動くのも防いでくれて便利に使えます。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

引出しやカゴなどの中の仕切りとしてもブックエンドの活用はおすすめです。写真のように洋服を収納している引き出し内をブックエンドで仕切ることで、洋服を取り出した時の倒れこみ防止にもなります。

シンプルな形状のL字型ブックエンドは、使わない時は重ねてしまっておけるのも収納スペースを取らず省スペース化できる収納アイテムとしても便利。ダイソーのブックエンドはサイズ展開や形状のバリエーションが4種類あり、スペースやものに合わせて使いやすくおすすめです。我が家でも必要に応じて買い足しながら愛用歴10年以上。家中の引出しやカゴなどの仕切りに使いまわしながら使用しています。

片付けサポートでもお客様がお持ちの収納ケースにブックエンドをプラスするだけで出し入れもしやすく使い勝手が良くなると好評です。

2:ニトリ すべりにくいスラックスハンガー


photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

クローゼット内などで衣類を掛ける収納の際、ハンガーの使い方、取り入れ方は人それぞれですが、パンツ類の掛ける収納にはニトリの「すべりにくいスラックスハンガー」がスムーズに出し入れもしやすく便利です。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

マフラーやショールなどを掛ける収納にする際も、スラックスハンガーの活用は普通のハンガーに掛けるよりもくの字に片側が開いていることで掛けやすくおすすめです。

3:無印良品 ポリプロピレンファイルボックスシリーズ


photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

無印良品のファイルボックスシリーズは、収納用品として取り入れている方も多いかと思いますが、我が家でも1番長く使っている「スタンドファイルボックスA4」は20年以上前に購入したものです。書類収納の他、日用品や雑貨収納まで長年収納するものを変えながら家中で何年も愛用中です。また、ここ数年で形状やサイズ展開もより豊富になり、あらゆるものの収納用品としても取り入れやすくなっています。写真はワークスペースに確認書類や一時保管書類を収納している「ファイルボックス・スタンダードタイプ・ワイドA4用」。量に合わせてワイドタイプを最近買い足しました。

デザインや規格もずっと同じなので、必要に応じて買い足しもしやすいのも長く使えるポイントです。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

我が家では「ファイルボックス・スタンダードタイプ・1/2」をアイロンセット収納に使っています。スチームアイロンを使う時に必要なミトンやコロコロなどをひとまとめに収納するボックスとして、まとめておくと便利。使う時はボックスごと取り出せばサッとアイロンもかけられて、家事効率もよりアップします。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

また、ファイルボックスは別売りのキャスターとフタを組み合わせることで、棚下収納の使い勝手もよりアップします。いかに出し入れしやすくできるかが片付けしやすい環境にもつながるので、そういった意味でも無印良品のファイルボックスシリーズはおすすめしたい収納用品の1つです。

4:イケア パイン材ボックス


photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

インテリア性も兼ね備えたIKEAのパイン材ボックス「KNAGGLIG(クナッグリグ)」は、大小サイズがあり、大きいサイズのボックスは収納力もあり収納用品としても幅広く使えます。写真は我が家のバッグ収納例です。かさばるバックはボックスに立てるようにして入れると見やすくなります。バッグが倒れ込まないようにブックエンドを活用するのもおすすめです。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

大きいサイズのパイン材ボックスは奥行きが47cm。キッチンの家電収納などにも活用可能です。使う頻度が低い家電などの収納にもおすすめです。写真は時々使うホームベーカリーを収納しています。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

棚下収納の場合、写真のようにキャスターを取り付けると、より出し入れもしやすくなり便利です。写真はIKEAの別売りのキャスター「RILL(リル)」をパイン材ボックスに取り付けた例。キャスターの動きもとても良く、出し入れがとにかくスムーズ。我が家ではその時々の生活スタイルで収納する中身も変えながらも5年以上愛用中です。また、経年劣化で木の色味が少しずつ変わっていくのも楽しめておすすめです。

5:東和産業 コンパクト優収納 アルファ


photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

羽毛布団や掛布団など布団収納に使いやすく、収納スペースにもスッキリ収まりやすいのが、東和産業の「コンパクト優収納 アルファ」。押入れや布団収納の片付けサポートの際は必ずと言っていいほどお客様へご提案しているアイテムです。我が家でも長い間、掃除機を使う圧縮収納袋を使ってきましたが、少し面倒だったり、意外と収納スペースも取られます。こちらは掃除機も使わず、あっという間にコンパクトにまとまるのでとってもおすすめです。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

使い方は簡単。まずは収納ケースを開いて床にセット。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

羽毛掛布団を2枚まで収納可能なMサイズ。四つ折りにした布団を上に乗せ、手で押しながら収納ケースについているベルトで押さえていくと、あっという間に掛け布団2枚がケースに収まります。我が家でも収納にかかる時間は毎回2~3分です。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88429

収納したケースは縦にも横にも置けるので、収納スペースの形状によって臨機応変に収められるのも使いやすさにつながっています。片付けの現場でも、この布団ケースにされたお客様は皆さん「本当に収納も簡単で使いやすく、押入れもとてもスッキリしました」と大評判です。

収納用品も家の中のもののひとつ。収納用品を選ぶ時は、まずは何を収めるのかしっかり決めて、なるべく家中で使いまわしながら長く使えるものを選ぶことでモノも増えにくくなり、エコにもつながっていくと思います。ぜひご参考になればと思います。

writer / 伊藤美佳代
 photo / 伊藤美佳代

当記事はSheageの提供記事です。