アラサーだけど保険どうする?将来に備えた女性マネーハック

Sheage


アラサー女性は転職や結婚・出産など、ライフイベントが多くあるのと同時に、体調の変化もあり健康も気にかかる時期。「保険に入ったほうがいい?」「今入っている保険で大丈夫?」と気になっている方も多いのでは?そこで、女性におすすめの保険や、加入・見直しを考えたいタイミングをご紹介します。

保険の加入や見直しをするタイミングって?


photo
出典:https://sheage.jp/article/88571

仕事でもプライベートでも、さまざまな変化が訪れる30代女性。さらに将来を考えるとき、お金の悩みは尽きないものですよね。

「今は健康に大きな問題は無いけれど、急な事故などで入院したら、治療にどれぐらいのお金がかかるんだろう?」

「結婚・妊娠したときはどうだろう?それ以降はお金も含め、いろんなことが自分だけの問題ではなくなるよね…」

そんな不安を抱えつつも、どうしたら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、保険の加入や見直しを考えてみることは、不安解消の手段のひとつになるはず。なにか万が一のことがあったとき、給付金を受けられるとやはり心強いもの。ただ、必要な保険はライフステージによって変わっていくので、すでに加入しているものがある方もときに見直しが必要になるかもしれません。

photo
出典:https://sheage.jp/article/88571

それでは、どういうときに保険の加入や見直しをするとよいのでしょう?

実はそれがまさに、就職・転職・結婚・出産・住宅購入・子どもの独立・定年退職など、暮らしに変化をもたらすライフイベントのタイミングです。30代女性は上記のように、転職や結婚・出産、住宅購入をする時期にあたり、加入や見直しを考える機会が多い世代と言えます。

さらにポイントは、「少し早めに考える」こと。

そうしたイベントを実際に迎えると、忙しくなり出費もかさんでしまいます。例えば結婚や出産の前後は、その準備で手一杯になることは想像にかたくありません。独身女性もそうしたことを見越して、事前に計画を立てることが重要です。

女性が入っておくと安心な保険とは?


photo
出典:https://sheage.jp/article/88571

そうは言っても、未来のことは予測ができないし、保険にもいろいろな種類があってどれに入るべきかわからないという人もいるのではないでしょうか?

ここでは女性に必要になりそうな保険として、「医療保険」と「女性保険」の特徴やメリットをご説明します。

怪我や病気で病院にかかるときに役立つ「医療保険」


photo
出典:https://sheage.jp/article/88571

医療保険とは、怪我や病気で入院や手術をすることになったとき、給付金を受けられる保険です。

健康でも、入っておいたほうがいい?


入院することになっても大丈夫だと思える貯蓄がある方には不要かもしれません。ただし、いつどんな怪我や病気に見舞われるかはわからないもの。実際にその状況になると、思った以上の費用がかかる可能性もあります。

そのときに公的医療制度を使っても、多額な治療費がかかる場合、差額ベッド代や食費代、通院費など自己負担分を補ってくれるのが医療保険です。もしものことを考えるなら、加入しておくとよいでしょう。

生命保険とはどう違うの?


生命保険と医療保険のどちらに入るべきか悩む方もいるようです。生命保険は被保険者が死亡したときや、高度障害状態になったときに保険金が支払われ、遺族の生活の支えになるもの。万が一のことがあったときに家族に負担をかけたくない、自分がいなくなっても生活できるようにしたいという人に合う保険です。被保険者の医療費負担を軽減する医療保険とは異なるので、目的に合ったほうを選びましょう。

女性特有の病気にかかったときの保障が手厚い「女性保険」


photo
出典:https://sheage.jp/article/88571

女性保険とは、乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気に備えるための保険です。

 医療保険だけではダメ?なにがメリット?


帝王切開や切迫早産のときや、乳房や子宮関係の病気になってしまったとき、通常の医療保険よりも手厚い保障を受けることができるのが女性保険です。入院給付金が上乗せされるので、周りに気を遣わずにいられる個室に入りたいといったときにも活躍してくれます。

妊婦でも加入を申し込める?


妊娠している方も申し込みは可能ですが、給付に関して条件が付く可能性があります。

例えば、今回の出産で帝王切開となっても給付金の対象にはならず、次の出産ときに再度帝王切開となれば対象となるケースが多いです。「今回対象にならないならやめようか…」と思う方もいるかもしれませんが、条件によっては妊娠中でも加入するのがおすすめ。帝王切開での出産後、次回のために加入したいと申し込んでも、最長で5年間の不担保期間が設けられて給付されなくなってしまうためです。

プロに相談して合った保険を見つけるのもおすすめ


photo
出典:https://sheage.jp/article/88571

こうした説明を読んでも、自分に本当に必要かはわからないという方は、専門のプランナーに相談するのもひとつの手です。

例えば全国各地の商業施設などにある相談窓口「保険見直し本舗」では、年齢や家族構成、生活環境など、一人ひとりの環境や目的に合わせ、適した保険への加入や見直しのアドバイスをしてもらえます。提携している保険会社からの手数料で運営しているので、相談する方の費用や手数料は無料。一度で加入や変更の決断ができなくても、繰り返し相談にのってもらうことができます。

相談方法はオンラインや電話もありますが、現在店舗予約をすればノベルティがもらえるキャンペーンを実施中です。(※店頭・電話予約の際に「キャンペーンのお知らせを見た」とスタッフにお伝えください。キャンペーン内容は予告なく変更となる可能性があり、予告なく終了する場合もあります。)

この先結婚や住宅購入を考えているという方や、自分に合った保険を知りたい方は、ぜひ予約して訪れてみてはいかがでしょうか?

writer / 凪
 photo / Shutterstock

取材協力

保険見直し本舗 東急プラザ渋谷店
募集代理店 株式会社 GOESWELL
【GW-1635-20230728】

当記事はSheageの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ