「友達が事故に遭ってしまって…」彼からの頼みでバイト代を手渡した私。→その後“彼の嘘”が判明!

lamire


簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

高額の支払いを避ける同期


同じサークルの同期と食事に行ったときの話です。
サークルがあるときはほとんど食事に行くので、“毎回誰かがまとめて支払い、次回は別の人が払う”という仕組みになっています。

順番に支払うことで埋め合わせをしているのですが、1人だけケチな同期がいます。
彼はラーメンなど比較的会計が安いときには支払いますが、居酒屋などのときは絶対に支払いません。

トータルの支払い金額が明らかに少ないのです。
同期のみんなが気づいていて彼に指摘しますが、「次回払う」の一点張りでなかなか支払いません。

トータルの支払い金額を同じようにしたいです…。
(男性/学生)
出典:lamire

騙し取られたお金


18歳のときに初めて年上の社会人の彼とお付き合いしました。
学校に大型バイクで迎えに来てくれたり、制服と作業着でデートをしたりと、同級生にはないステータスに酔いしれていました。

付き合ってほどなく、彼から「友達がバイクで事故に遭ってしまって入院している。そのバイクを修理に出してやりたいがお金がない」というようなことを聞かされました。
当時の私は「友人もバイク乗りだなんてさすがは社会人!かっこいい!私も協力したい!」と思ってしまい、なけなしのバイト代を渡しました。

「絶対に返すから!」と言われましたが、その後しばらく経っても電話は音信不通…。
メールもエラーで返ってきて、初めて騙されたことに気がつきました。

いい勉強になったと思いました…。
(女性/自営業)

「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

以上、金銭トラブル体験談でした。

次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪
※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

当記事はlamireの提供記事です。