ぬい撮りしながら癒やされる『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』へ潜入

SPICE

リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル 2022.7.2(SAT)~8.8(MON) 神戸サンボーホール 1F 大展示場


『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』が、7月2日(土)から神戸サンボーホール 1F 大展示場にて開幕した。

誰もが一度は触れたことのある愛らしいキャラクターを生み出し続けるサンエックス。同展では、同社の大人気キャラ「リラックマ」と「すみっコぐらし」が夢のコラボレーションを実現! 2020年9月の愛知での開催を皮切りに全国8都市を巡り、ここ神戸がフィナーレの地となる。360°どこもかしこもカワイイがてんこ盛りな『リラすみフェス』の様子をたっぷりお届けします!

プロジェクションマッピングによるオープニングにテンションUP!
プロジェクションマッピングによるオープニングにテンションUP!

しあわせを呼ぶよつばの形をした「サンエックスのようせい」がかけた魔法で生まれたこのイベント。プロジェクションマッピングが幻想的なオープニングムービーを楽しんだら、まずは「リラックマ」のパビリオンからスタート。

「はちみつの森」でまんぷくのご様子のリラックマとキイロイトリ
「はちみつの森」でまんぷくのご様子のリラックマとキイロイトリ

リラックマになれちゃうフォトスポット。替えの着ぐるみが干してあるなど細かい仕掛けも
リラックマになれちゃうフォトスポット。替えの着ぐるみが干してあるなど細かい仕掛けも

いざパビリオンへと足を踏み入れれば、カメラを向けざるを得ないキュートなリラックマたちが所狭しとお出迎え! キャラクターをより深く知ることができるクイズや、細かい設定を存分にいかした展示で、目をハートにしながら眺めてしまうこと間違いなしだ。

会場オリジナルのぬいぐるみと撮影できるなど、手の込んだ「ぬい撮りスポット」がいっぱい
会場オリジナルのぬいぐるみと撮影できるなど、手の込んだ「ぬい撮りスポット」がいっぱい

自分で鏡を覗いても良し、ぬいぐるみに覗かせても良し
自分で鏡を覗いても良し、ぬいぐるみに覗かせても良し

ところで、『リラすみフェス』を楽しみ尽くすには、ぜひお気に入りのぬいぐるみと来場するのがオススメ。会場内にはぬいぐるみと撮影できるたくさんの「ぬい撮りスポット」があり、自分なりの「リラックマ&すみっコぐらし」ワールドを写真に収めることができる。

「すみっコぐらし」のパビリオンへご案内!
「すみっコぐらし」のパビリオンへご案内!

ぺんぎん? とぺんぎん(本物)のアイスクリーム屋さんに並ぶリラックマ
ぺんぎん? とぺんぎん(本物)のアイスクリーム屋さんに並ぶリラックマ

続いて「すみっコぐらし」のパビリオンへ。さむがりの「しろくま」を筆頭に、自らがぺんぎんか自信のない「ぺんぎん?」や食べ残し(!?)の「とんかつ」、はずかしがりやな「ねこ」、正体を隠している「とかげ」……etc。かわいいだけじゃない個性にあふれたすみっコたちは、らしさいっぱいにお家のすみっこでぬいぐるみを作ったり、パジャマパーティーをするなど、チャーミングな姿に悶絶。他にもぺんぎん? とぺんぎん(本物)のアイスクリームショップなど、スイーツで彩られたコーナーもあり、見どころ満載だ。

夢かわムードなパジャマ姿のすみっコたちに癒やされる
夢かわムードなパジャマ姿のすみっコたちに癒やされる

ぎゅうぎゅう詰めのすみっコたちから、何だか目が離せない……
ぎゅうぎゅう詰めのすみっコたちから、何だか目が離せない……

すみっコたちと一緒にパシャリとできる、いちごケーキのベンチ
すみっコたちと一緒にパシャリとできる、いちごケーキのベンチ

そんなパビリオンを楽しみ尽くしたあとは、グッズショップものぞいてみよう。イベント限定の「てのりぬいぐるみ」(1,500円)やキャラクターが大集合したスペシャルぬいぐるみ(9,400円)、さらに神戸会場限定となるアクリルチャームコレクション(660円)やタオル(1,100円)などのアイテムがズラリとそろい、ここでも長居必至!

おめかししたキャラクターたちのぬいぐるみは、イベント限定アイテム
おめかししたキャラクターたちのぬいぐるみは、イベント限定アイテム

しかも、会場外に出たあともお楽しみはまだまだ続く。体験コーナーやスイーツショップが並ぶ、神戸サンボーホール 2Fへと移動しよう。

「リラックマ&すみっコぐらし」をお好きなところに並べてデザインできる、アートタオル工作(1,200円)
「リラックマ&すみっコぐらし」をお好きなところに並べてデザインできる、アートタオル工作(1,200円)

「リラックマ&しろくま」(写真)、「とかげ&コリラックマ」の2種から選べる、ビニペタ工作(700円)
「リラックマ&しろくま」(写真)、「とかげ&コリラックマ」の2種から選べる、ビニペタ工作(700円)

デザインシートをお好みで切り貼りして作るアートタオル工作や、ビニペタ工作(専用絵の具で色づけ、ガラスなどに貼ることができるシート制作)など、自分の手で「リラックマ&すみっコぐらし」グッズを作ることができる。

神戸会場のイベンターが『リラすみフェス』のためにセレクトしたココだけのコラボメニューも、ぜひチェックしてほしいところ。

ふじや王林など、りんごの品種別に4種あるジェラート。異なる甘みがあり、食べ比べも楽しい
ふじや王林など、りんごの品種別に4種あるジェラート。異なる甘みがあり、食べ比べも楽しい

神戸にある青森りんごのスイーツ専門店あら、りんご。では、「リラックマ&すみっコぐらし」のカラフルなプリントクッキーを飾ったりんごジェラート(400円)やしゃきしゃき果肉が入ったりんごドーナツ(300円)のほか、イベントのオリジナルカップ付きりんごサイダー(800円)などがラインアップ。

写真右からwarabi-ta ワラビータの焙じ茶ラテと抹茶ラテ。わらび餅は吸いやすくアレンジされ、食べ応えも◎
写真右からwarabi-ta ワラビータの焙じ茶ラテと抹茶ラテ。わらび餅は吸いやすくアレンジされ、食べ応えも◎

また、姫路にあるわらび餅専門店の門藤では、タピオカドリンクのようにわらび餅を飲んで味わえるwarabi-ta ワラビータ(750円~)や、ソフトクリームわらび餅(650円)が登場。専門店のこだわりを感じられる王道のわらび餅(1,200円)もイベントのお土産にぴったりだ。

両店ともコラボメニュー1品につき、『リラすみフェス』オリジナルのマグネットステッカーが1枚もらえるプレゼントもうれしい。

限定ぬいぐるみと同じ衣装を着た「リラックマ&すみっコぐらし」のみんなと
限定ぬいぐるみと同じ衣装を着た「リラックマ&すみっコぐらし」のみんなと

全方位からカワイイが押し寄せる『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』。訪れれば必ずや「リラックマ&すみっコぐらし」たちのことがもっと好きになるに違いない。開催は8月8日(月)まで。

(c)2022 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

取材・文=後藤愛 撮影=ハヤシマコ

当記事はSPICEの提供記事です。