スタバの新作フラペチーノ、「あの味」復活を信じるファンに伝えたいこと…

しらべぇ




スターバックスが8月3日からスタートするフラペチーノ3種を公表。ツイッターでは「パイナップル」を予測する向きもいたが予想ははずれ…。

【写真】54円追加するだけでパイナップル味を作れてしまう

■「ほうじ茶」「ぶどう」「ちんすこう」


30日夜、スタバ公式が公開したのは「石川いいじ棒ほうじ茶フラペチーノ」「山梨ててっぶどうホワイトチョコレートクリームフラペチーノ」「沖縄かりーちんすこうバニラキャラメルフラペチーノ」の3種。

2021年6月末に販売し各地で好評を得た“47都道府県ご当地フラペチーノ”の中から、バラエティに富んだ3テイストを昇格させ全国販売する流れとなったわけだ。



関連記事:スタバの新メニュー『桃フラペチーノ』 おなじみのカスタムに”異変”が…

■「二郎系」を予測…当てる気ないだろ


「3つのフラペチーノが同時に登場…!」とこれまでツイッターでファンに告知してきたスタバ。

それゆえネットでは、「パイナップル!」「葡萄」「ブルーハワイ」といった予想のほか「二郎味」「蒙古タンメン味」といったウルトラCなテイストを挙げるラーメン通も見られていた。しかしここにきてご当地フラペチーノからチョイスしてくるとは、さすがスタバの遊び心である。

■パイナップル味は「作れる」?




中でも多かったのが「パイナップル」を予想する声。

2021年8月に登場したパイナップルピューレ使用「GO パイナップルフラペチーノ」が大変好評だったこともあり、「パイナップルが来なくて絶望」「パイナップルフラペが良かったって…」「一生飲めないのかな」と悲しむ声も散見されているのはそのためだ。

だったら、それっぽいのを作れば良い。記者は先日立ち寄ったスタバ某店で、フラペチーノのカスタム例が記された禁断の黒板を発見しており…。

■まずはマンゴーフラペを用意します




その黒板にはグランドメニューである「マンゴーパッションティーフラペチーノ」(ショートサイズ510円)をカスタマイズして「完熟パイナップル」を作り出すオシャレな合成魔法がまとめられていた。

カスタムは簡単。マンゴーフラペチーノの「パッションティー抜き」(0円)「チャイシロップ追加」(+54円)で完成だというのだ。へぇ~。



実際に味わうと、チャイシロップのスパイス感がマンゴーテイストと絡み、言われてみればちょっとだけパイナップルっぽい味になっていた。ピリピリ感が似ている。

「まぁこんなもんか。所詮はマンゴーがベースだもんな。ちょっとしたリトルグルメ(死語)としては合格」とズルズル飲んでいたが、不思議なことに“後味”はほぼパイナップルになっていた。なんだこれ!

ストローで吸っている時と、飲み込んだ後の味わいでこうも印象が変わるとは…驚きのカスタマイズである。昨年のパイナップルフラペチーノとはだいぶ違うけど、どうしても忘れられないファンのみんなはゼヒやってみて!

当記事はしらべぇの提供記事です。