小倉優子も…「二度の離婚」を経験した女性が語る再出発の理由、妊娠中に消えた元夫の告白

All About

タレントの小倉優子さん(38歳)が二度目の離婚を発表した。修復が不可能となったら、女性はどうやって再出発していくのだろうか。
タレントの小倉優子さん(38歳)が二度目の離婚を発表した。

2011年に美容師と結婚して長男をもうけたものの、第二子妊娠中に夫の不倫が発覚して、結婚生活は6年半で破綻。

その後、歯科医と恋愛し、2018年12月に結婚した。夫が彼女のファンだったという説もある。2人の子も夫に懐き、今度こそ幸せな結婚生活をつかんだとも思われていた。

ところが半年後、不仲説が沸き起こった。夫が彼女に仕事を辞めてほしいと言ったとも伝えられている。どうやらこのころから、夫とは別居生活に入ったようだ。彼女自身「至らない点があった」とSNSで綴っていた。

そして伝えられた妊娠。彼女はおそらく、子どもができれば夫は変わると思ったのではないだろうか。夫の職場近くに引っ越し、夫が立ち寄りやすくする配慮も見せた。

しかし、ふたりの関係が修復されることはなかった。離婚という言葉が出てから2年半、どうがんばっても無理だと彼女はあきらめがついたのかもしれない。

二度目の離婚、本当はしたくなかっただろうけれど、パートナーの気持ちが取り戻せないとわかったら、新たな出発を考えるしかない。

二度目の離婚をした一般女性は、どうやって再出発を図ったのだろうか。

いちばん大事なのは子どもたち

「私も二度、離婚しています。周りは子どもがかわいそうなんて言うけど、気の合わない夫と暮らしているほうが子どもたちに悪影響が及ぶ。

父親がいたりいなかったりするのは不安定だけど、絶対的な愛情を私ひとりでも注いでいると、自信をもって生きていきたい」

力強くそう言うのは、マミさん(43歳)だ。最初の結婚は27歳のときで、長女は15歳になる。5年間、一緒に暮らしたが、夫はあるときぷいと外に出ていって帰らなかった。よそに女性がいたのである。

二度目の結婚は35歳のとき。妊娠をきっかけに婚姻届を出したが、夫が長男の顔を見ることはなかった。

「それぞれ、ごく普通の会社員だったし、一般的にいって“変な人”でもなかったと思うんですよ(笑)。だけど結婚したら、合わなかったんでしょうね。友人が言うには、『マミが強すぎるからダメなのよ』ということらしいです」

マミさんは30歳を過ぎて友人と起業、最初は細々と事業を続けていたが数年後には軌道に乗った。「ものすごく儲かっているわけではないし波もあるけど、なんとか続けていけている」そうで、仕事への集中力はすさまじいものがあるらしい。

「今は従業員も6人になり、みんなで楽しく仕事をしています。最初の夫は、私が起業したころのことも知っているから、『子育てもしないで仕事ばかりか』と嫌味を言われたこともある。

でも子育てはしてましたよ。ベビーシッターの手は借りましたし、長女を会社に連れていったこともあるけど、長女は『がんばっているママを見て育ったのはよかったと思う』と言ってくれています。最優先はいつだって子どもだった」

子は親の背中を見て育つのかもしれない。むしろ夫が寂しくなって不倫に走ったのではないだろうか。

妊娠中に消えた夫、その理由は……

二度目の結婚は、「最初から相手を間違えたかもしれない」とマミさんは言う。仕事で知り合った他社の男性で、8歳年下だった。

「妊娠を告げたら、ちょっとギョッとしていましたね。私は婚姻届を出さなくてもいい、事実婚でいいと言ったんです。でも彼は背伸びしたんでしょうか、子どもができるならオレががんばるって。

でも私、体力も気力もあるので、妊娠中もガンガン仕事をしていたんですよね。彼のほうがビビってた。結果、子どもが生まれる直前になって、彼が行方不明になってしまったんです」

連絡がついたのは半年後。どうしたのと言った彼女に、『何もかも怖くなった』と夫は言ったそうだ。自分の子ではない長女との関係も、妻であるマミさんとの関係も、とても自分がやっていけるとは思えなかったと告白した。

「だから最初から結婚しなくてもいいよって言ったじゃん、と思わず笑ってしまいました。彼は精神的に自立できていなかった。だから責任が重すぎて逃げ出したんです。

私はそんなに責任感をもってもらわなくてよかったんですけどね。勝手に責任を感じて、勝手につぶれた。そんな感じ」

マミさんのたくましさに、繊細な男たちはついていけなかったのかもしれない。精神的に自立できていない男の気持ちまで忖度していられないですよ、とマミさんはまた笑顔になった。

「子どもたちは私が責任をもって育てる。あなたたちも会いたくなったら来てねと元夫たちには言っています。最初の夫は、ときどき長女に会いにきますが、長男も彼には懐いている。

二度目の夫はビビっているようで、やって来ませんけど。本当は最初の夫も二度目の夫も、好きなときに来ればいいんですよ。そんなオープンな関係のほうがいいと私は思っています」

何度も結婚するのが珍しくない時代になれば、人間関係ももう少し風通しがよくなるかもしれない。

◆ 亀山 早苗プロフィール
フリーライター。明治大学文学部卒業。男女の人間模様を中心に20年以上にわたって取材を重ね、女性の生き方についての問題提起を続けている。恋愛や結婚・離婚、性の問題、貧困、ひきこもりなど幅広く執筆。趣味はくまモンの追っかけ、落語、歌舞伎など古典芸能鑑賞。
(文:亀山 早苗(恋愛ガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ