松尾駿&せいや&岡部大による「はこね男子」のデビュー曲を初解禁!

TVerプラス

『新しいカギ』(フジテレビ系、毎週土曜20:00~)が7月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、霜降り明星(せいや、粗品)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)がメインキャストを務める、コント中心の総合お笑いバラエティ番組。

番組から誕生した新人アイドル・はこね男子の初イベント、「はこね男子デビューイベント~新しいカギフェス!2022夏~」に向けて、彼らのデビュー曲を「うっせぇわ」などのヒット曲を手掛けたsyudouが作詞・作曲を担当することが23日の放送で発表された。今回は、「完成した」という連絡を受けて、はこね男子はsyudouの待つスタジオへ。強羅駿(松尾)が「『うっせぇわ』を超えていますか?」と尋ねると、syudouは「超えていると思います」と自信をみせる。早速デモを聞かせてもらうと、「かっこいい!」「めっちゃいい!」と3人も大興奮! はこね男子らしさ全開のデビュー曲「箱根DANCING TRIBE」の全容はいかに?

また、はこね男子プレゼンツの人気ゲーム企画「ぶら~り途中下車しない旅」では、粗品、秋山、菊田の“新しいカギチーム”に加えて、飯尾和樹(ずん)率いる“トップアスリートチーム”の元サッカー日本代表の中澤佑二、女子レスリング・五輪メダリストの浜口京子、国際ボディビル連盟主催世界選手権大会で入賞の横川尚隆、そしてフジテレビのバラエティ番組『爆笑レッドシアター』(2009年~2010年)に出演していた“レッドシアターチーム”のKAZMA(しずる)、金田哲(はんにゃ)、狩野英孝と対決する。

スタジオには箱根登山電車の車両をモチーフにした巨大セットが出現。指定された色のつり革だけをつかみ、“ぶら~り”とぶらさがった状態で旅を楽しみながら、箱根湯本駅から強羅駅までの6区間の完走を目指す。耐えきれずに、途中でつり革を離してしまうと熱々の温泉に落下してしまう。また、電車での箱根旅ということで、強風が吹き荒れたり濃霧で視界が遮られたりと、仕掛けられるハプニングの数々に、挑戦者たちはパニックとなる。

今回、企画史上、最もハイレベルな戦いが繰り広げられる。まず、圧巻のパフォーマンスで魅せるのは“アスリートチーム”。トップバッターの浜口が体幹と筋力を見せつけ、「さすが!」「すごい!」と挑戦者たちから歓声が上がる。終点までひとりで完走するのではと思われたが、浜口はチームメートだけでなく他のプレーヤーも巻き込み、前代未聞のプレイで大波乱を巻き起こす。一方、「脚の力はすごいけど、手はどうか?」と長田が注目する中澤が元トップアスリートの意地を見せつける。

そして、他のチームも負けていない。“レッドシアターチーム”は常にギリギリの体勢で健闘しながら、金田が粗品とズクダンズンブングンゲームを披露するなどスタジオを盛り上げる。さらに、ひとりで4駅進んだダンディ坂野の最長記録に挑むプレーヤーが現れる。

23日の放送で初公開されるや否や、「めっちゃ面白かった!」「続編希望!」と、SNS上を中心に盛り上がった、大注目のパロディコント「ギロッポンクラス」が2週連続で登場。さらに、リアリティショー『バチェラー・ジャパン』に登場しそうなバチェラーならぬ、バチェ田バチェ男を松尾が演じる「BACHEO JAPANバチェ田バチェ男」も。今回は軽井沢の別荘が舞台で、バチェ田がギターを片手に変な夏うたを熱唱する。さらに、秋山考案の新作コント「見ちゃう」では、カップルを演じる松尾、古畑星夏とともにガチャピンとムックがコントにチャレンジする。

当記事はTVerプラスの提供記事です。