アンジャッシュ児嶋、自宅リビングにテレビを2台置いている理由とは?「長方形の家なの」

E-TALENTBANK


7月26日、アンジャッシュ・児嶋一哉が自身のYouTubeチャンネル『児嶋だよ!』を更新した。

【関連】アンジャッシュ児嶋、活動再開の相方・渡部との“コンビの未来”に言及「オファーがないことには…」

今回の動画は、変換ミスを含めた“児嶋”の名前でTwitterをエゴサーチし、その内容についてコメントしていくという企画を実施。この中で、“深夜にテレビつけたら小木さんが児嶋さんの家事情を話していた(リビングにテレビを3台置いているらしい)”というツイートが紹介された。

このツイートに対して、児嶋は、テレビ朝日系『イワクラと吉住の番組』に、おぎやはぎの小木博明が出演した際に話していた内容かもしれないと前置きしつつ、「小木さんね、ちょっと勘違いしてるのは、リビングにはテレビ2台なのよ」「で、家に4台なのよ」「なんかごっちゃってなって、リビングに3台って小木さん勘違いしちゃってるんだけど」と訂正。

これを受け、スタッフから「なんで2台あるんですか?」と問われると、児嶋は「うちの造りが細長い家、よく東京にある長方形の家なの」といい、自宅の構造上、一番端がダイニングキッチン、そしてその反対側がテレビを見るメインのリビングになっていると説明した。

その上で、妻が料理をしている時や、ダイニングで食事をとる際は、リビングに置いてあるテレビが見づらいとして、「でも俺テレビ大好きだから、観たいからこっち(ダイニング)にもテレビ置いてるっていう」と明かした。

また、大きさは違うが同じ機種のテレビを対角線上の位置関係で設置しているため、片方のテレビのチャンネルを変えると同時に反応してしまうといい、「ちょっと今見てんのに、みたいな事故はよく起きる」と話していた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ