菊地亜美に「ファンです」と寄ってきた人全員… 『水ダウ』で悲しすぎる検証結果に

しらべぇ




27日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、タレントの菊地亜美が出演。「街で『ファンなんです』と声かけてくるファンに限ってたいしたファンじゃない説」の悲しすぎる検証結果が話題に。

■クロちゃんの「しん」を知らない?


駅前にタレントが顔が分かる状態で立ちつづけ、「ファンです」と話しかけてくる人がいれば、すぐにスタッフが突撃。そのタレントに関する基本的なことを質問し、“ファン度”を確かめるというこの企画。

最初の挑戦者となったのは安田大サーカス・クロちゃんだった。番組ではお馴染みの存在であり、知名度も高いだけに、多くの通行人が「ファンです」と寄ってくるが、「お決まりの語尾は?」「本名は?」といった質問に答えられる人はほとんどいず…。

ようやく1人だけ、すべての質問に答えられるファンが現れるも「ツイッターをフォローしていない」とまさかの発言。「(投稿が)なんか一緒な感じがして」と話すと、クロちゃんは傷ついた様子を見せた。

関連記事:菊地亜美、知らぬ間に子供が写真を撮っていて… その姿に「衝撃だった」

■話しかけてきた人全員…


2人目の挑戦者となった菊地。新宿駅付近の人通りの多い場所に立ちつづけるも、そもそも話しかけてくる人がいないという、なんとも悲しい状態に。

そうした中で、現れた男女カップル。「ファン」と公言するも、菊地のあだ名である「あみみ」を知らないなど、やはり“ファン”とは言えず。最終的に4組の通行人が「ファンです」と話しかけてきたが、その全員が「あみみ」という呼称すら知らないという衝撃の結果となった。

■「ゴイゴイスー」を知らない人も


最後の参加者であるダイアン・津田篤宏も同様で、下の名前である「篤宏」を知っているファンは一人もおらず、中には持ちギャグ「ゴイゴイスー」を知らない人まで登場。

視聴者からは「みんな全然ファンじゃなくて笑った」「ファンじゃなくてもファンて言っちゃうかも」「普通に失礼じゃない? と思った」「そもそも芸能人見ても話しかけない」とさまざまなコメントが。中でも、4時間で4組しか話しかけられなかった菊地には「あみみドンマイ…」と同情してしまった人が多いようだ。

■芸能人に声をかけたことがある?


Sirabee編集部が全国10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、「街中で芸能人に声をかけたことがある」と答えたのは全体の12.2%という結果に。若い世代に多く、10代男性では18.5%に及んだ。



あまりに悲しい結果となった今回の説。VTRを観ていた麒麟・川島明は「一番かわいそうなのは、あみみですよね。一番打席に立てて(話しかけられて)なかった」とコメントしていた。

『水曜日のダウンタウン』はTVerで8月3日まで視聴可能

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ