映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』、9.30公開 一族最大のミステリーが幕を開ける予告解禁

クランクイン!

 英国貴族の壮麗な屋敷が舞台の人気テレビドラマシリーズ『ダウントン・アビー』の長編映画2作目となる『DOWNTON ABBEY:A NEW ERA(原題)』が、邦題を『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』として、9月30日より全国公開されることが決定。併せてポスタービジュアルと予告編が解禁された。

2010年9月の放送開始以来、ゴールデン・グローブ賞やエミー賞など数々の賞に輝き、世界200以上の国と地域で大ヒットした傑作テレビシリーズ『ダウントン・アビー』。物語の舞台は、1912年から25年のイングランド北東部ヨークシャーのカントリー・ハウスと呼ばれる大邸宅。グランサム伯爵クローリー家とその使用人たちの生活に歴史上の出来事が織り込まれたヒューマンドラマだ。2015年のシーズン6までの全52エピソードをもって幕を閉じた本シリーズは、2019年に劇場版として復活し、社会現象を巻き起こした。

前作から1年後の1928年を舞台にした本作は、4月29日に公開された全英で初登場1位に。米批評家サイト「Rotten Tomatoes」では批評家スコア86%、観客スコア97%(7月13日時点)という高評価を獲得している。

出演はマギー・スミスをはじめおなじみの面々に、「ハンニバル」テレビシリーズのヒュー・ダンシー、『たかが世界の終わり』のナタリー・バイや、ローラ・ハドック、ドミニク・ウェストらが新たに加わった。脚本はシリーズ生みの親、アカデミー賞脚本賞のジュリアン・フェローズ。監督を『黄金のアデーレ 名画の帰還』のサイモン・カーティスが務める。

予告編では、映画撮影のためにハリウッドスターがやって来て大騒ぎのダウントンを、長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)が冷静に仕切る場面が。一方、先代伯爵夫人バイオレット(マギー・スミス)が訳ありで別荘を相続したと聞き、当主ロバート(ヒュー・ボネヴィル)たちは南仏へと向かう。すると、そこで秘密めいた若き日のバイオレットの肖像画が見つかり、一族最大のミステリーへと発展していく様子が映し出される。

ポスターは、「お帰りなさいませ。皆様にお会いできることを心待ちにしております。」というコピーとともに、クローリー邸を背景に、一族と使用人たちそしてハリウッドスターもが一堂に会する迫力あふれるビジュアルとなっている。

映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』は、9月30日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ