『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』古川登志夫がサンディエゴ・コミコンに登壇 約6000人の海外ファン熱狂

クランクイン!

 アニメ「ドラゴンボール」シリーズでピッコロの声を担当する声優・古川登志夫が、米サンディエゴで開催された「コミコン・インターナショナル2022」内で行われた、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』のパネルディスカッションに登壇し、現地ファン約6000人を沸かせた。

日本だけでなくアメリカでも絶大な人気を誇る「ドラゴンボール」とあって、同イベントで最大級の広さを誇るホールHにて開催。多くのファンの熱気に包まれる中、まず東映アニメーション・プロデューサーの林田師博が登場。本作の制作のこだわりについて「素晴らしいキャラクターたちを上手く表現するために新しいアニメーション技術を使用した」とコメント。そして今回のパネルディスカッションのために特別に用意した、孫悟空・悟飯・悟天の声を務める野沢雅子のビデオメッセージを披露。野沢のコメントは見どころと共に会場のファンへのメッセージ、そして「かめはめ波」で締めくくるといった内容。かめはめ波は世界共通語のようで、来場客も一緒に叫ぶ様子が見られた。

さらに、日本からスペシャルゲストとしてピッコロの声を務めた古川登志夫が登壇。英語吹替版のピッコロの声を務めるクリス・サバットも加わり、中には日本語で「古川さーん!」と叫ぶ海外ファンの姿もあった。

コミコン初参加の古川はなんと流ちょうな英語であいさつし、会場のボルテージは最高潮に。「I’m so glad to join SDCC」と、サンディエゴコミコンのパネルディスカッションに登壇できた喜びを話した。ピッコロと悟飯がメインである今作について、「ピッコロと悟飯がメインであると聞いた時には、今までここまでフィーチャーされるお話はあったかなと思いとても嬉しかったです」としたうえで、会場の熱狂を受け、「驚きの連続でした。日本のサブカルコンテンツの雄ですね。世界中で本当に人気のコンテンツであることを改めて実感しました。まだご覧になっていない方に一人でも多くご覧いただきたいです。魔貫光殺砲!」と興奮を隠しきれない様子。

英語吹替版のピッコロの声を務めるクリスは「25年間ずっと耳で聞いていた彼が今、僕の隣に座っていることが衝撃的です。ヘッドホンで聞いていたここからとても離れている日本の古川さんの声、今彼がここにいる事はとてもすごいことです。ここにいる皆さんとこの経験を共有できることを光栄に思います」とコメントしたうえで、「ドラゴンボールには悟空が好きなファン、ベジータが好きなファンが世界中にいます。それと同じくらいピッコロ、そして悟飯のファンがいます。そんな彼らが活躍する本作のストーリーはとても素晴らしいです」と今作をアピール。

最後に、北米公開を今か今かと待ちわびている観客へ向けて、映画冒頭20分のプレミア上映が開始。それまで興奮の嵐だった会場は一転し、全員が固唾を飲み目を輝かせ、大人から子供までもが本作に胸を躍らせるパネルディスカッションとなった。

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は全国公開中。

〈古川、林田、クリスのトーク内容〉



◆古川登志夫

Hello everyone.I’m Toshio Furuakwa from Japan.I played character from variety of character comedian like “ATARU MOROBOSHI URUSEI YATSURA”. And “SHIN FROM FIST OF NORTH STAR”. And Piccoro from “Dragon ball super super hero”.I like America very much, I’m so glad to join SDCC.And expect to have good time with you, thank you.
サンディエゴに来るのは2度目です。サンディエゴコミコンに来るのは初めてです。北米で1・2を争うコンベンションだとは聞いておりましたが、とにかくものすごいお客様の数で驚いています。本日はピッコロの魅力をたくさんお伝えできればと。今、大変興奮しております!
本作のお話でピッコロと悟飯がメインであると聞いた時には、今までここまでフィーチャーされるお話はあったかなと思いとても嬉しかったです。
今回のサンディエゴコミコンの経験は筆舌に尽くしがたい、驚きの連続でした。日本のサブカルコンテンツの雄ですね。世界中で本当に人気のコンテンツであることを改めて実感しました。まだご覧になっていない方に一人でも多くご覧いただきたいです。魔貫光殺砲!

◆林田師博

キャラクターなど多くのデザインを鳥山明先生が書き起こしてくださっています。
素晴らしいキャラクターたちを上手く表現するために新しいアニメーション技術を使用した本作を、ぜひ映画でご確認ください。
また鳥山明先生に前作同様、脚本を書いていただいております。舞台は地球、主役はピッコロと悟飯です。この二人の師弟関係・絆を中心に描いています。また、ファンの皆様にはおなじみのレッドリボン軍が登場します。悟空によって倒された彼らがどうやって復活するのか、どういった暗躍をするのか。彼らとのバトルシーンや悟飯・ピッコロの師弟関係を描いた日常、このバランスが素晴らしいものになっています。ぜひご期待ください。

◆クリス・サバット

25年間ずっと耳で聞いていた彼が今、僕の隣に座っていることが衝撃的です。ヘッドホンで聞いていたここからとても離れている日本の古川さんの声、今彼がここにいる事はとてもすごいことです。ここにいる皆さんとこの経験を共有できることを光栄に思います。
ドラゴンボールには悟空が好きなファン、ベジータが好きなファンが世界中にいます。それと同じくらいピッコロ、そして悟飯のファンがいます。そんな彼らが活躍する本作のストーリーはとても素晴らしいです。
この映画のために自分を含めたチーム全体でたくさんの準備をしてきました。台本を読み通して興奮したのを覚えています。またピッコロが映画の中でどういうポジションなのかということも考えました。レコーディングの際、時には激しく演じたり、また時にはクールに演じたりすることを意識しました。また感情を分かりやすく表現するために古川さんのピッコロの声を何度も聞いて理解しようとしました。

当記事はクランクイン!の提供記事です。