草なぎ剛×香取慎吾×三谷幸喜、7年ぶりにタッグ 2人芝居『burst!』、再演決定

クランクイン!

 三谷幸喜が作・演出を務め、草なぎ剛と香取慎吾が共演する舞台『burst!~危険なふたり』が、7年ぶりに再演されることが発表された。

脚本 ・演出/三谷幸喜、出演/草なぎ剛・香取慎吾の3人による競演が実現した奇跡の舞台、『burst!~ 危険なふたり』は2015年に上演され大好評を博した。

今回、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本執筆を終えた三谷が、草なぎと香取のみ出演の二人芝居の再演に挑む。草なぎが三谷作品に出演するのは、本作初演以来7年ぶり、香取は2021年上演の舞台『日本の歴史』以来となる。

2017年11月には、稲垣吾郎、草なぎ、香取がMCを務めた『72時間ホンネテレビ』(ABEMA)に三谷がゲスト出演、2020年には、三谷作・演出、香取主演の初シットコム作品『誰かが、見ている』(アマゾンプライム)が配信されるなど、なにかと縁のある3人が、7年ぶりのタッグでどんな化学反応を見せるか注目だ。

再演発表にあたり三谷は、「大好きな作品の再演。一番楽しみにしているのは僕かもしれません。だってこんなに芝居がうまくて、こんなに格好良くて、こんなに仲のいい役者が揃った二人芝居って、そうはないですから」と喜びのコメント。草なぎは、「慎吾ちゃんとまた2人芝居できるのは嬉しいです。2人ならではのburst感を三谷さんが作ってくれました。張り切りマッスル!」と意気込みを明かす。香取も「大好きな三谷幸喜さんの頭から生まれた言葉たちで、大好きな俳優草なぎ剛さんとburst!します。再び」とメッセージを寄せた。

舞台『burst!~危険なふたり』は、10月1日~26日東京・日本青年館ホールにて上演。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ