丸亀製麺に夏が来た 今日からの新メニューがコッテリなのに…さっぱりで激ウマ

しらべぇ




暑い日に食べたい、冷たいうどん。うどんといえば…そう、丸亀製麺

丸亀製麺では、26日から“夏うどん”2種、“丸亀うどん弁当”3種が登場。どれもさっぱりなのにガッツリ、つるっとイケちゃう夏にぴったりなメニューになっている。

Sirabee編集部は一足早く全5種を試食。そのお味は…?

【試食】豚しゃぶもすだちも弁当も暑い日にピッタリ!

画像をもっと見る

■この夏イチオシの「こく旨」うどん




この夏、絶対に見逃せないのが『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』(すべて税込、(並)690円(大)810円(得)930円)。

名前だけ聞くと「うどんに豚しゃぶ乗っけたのかー」とスルーしてしまいそうになるが、“こく旨”部分が重要だ。豚しゃぶ=さっぱりイメージだが、今回うどんの上に乗っている豚しゃぶ=がっつり。にんにくの効いた特製ダレと和えており、甘じょっぱくなっている。



一緒にトッピングされているのは、酸味を加えるレモン・甘酢漬けのたまねぎ・シャキシャキした水菜、そしてマヨネーズ。1人だけこってりした奴いるぞ。

関連記事:ほっともっと、6月1日から「おろしフェア」開催 和風ポン酢でさっぱり

■そのお味は…?




丸亀製麺的おすすめの食べ方は

(1)豚しゃぶだけ味わう
(2)野菜と豚、麺を一緒に味わう
(3)全体にレモンを絞って清涼感
(4)もっとこってりしたい人は、マヨネーズを崩し入れる

実際にお肉を食べてみると、濃い味なのにお肉が薄いのでスルッと食べられてしまう。食欲なくてもついつい箸が進んじゃう味付けだ。



甘酢の玉ねぎや水菜と一緒にうどんを食べれば、こく旨の中に酸味が広がってくる。豚のタレがぶっかけのつゆに溶け込んでおり、それがまたおいしい。



そこにレモンを絞ると、一気に違う味に変化。こってりした感じが吹っ飛んで、ものすごくさっぱりになる。これは実際に試すと、かなり驚くはず。レモンの力、すごい…。

■夏といえばやっぱりすだち!




同日から発売される『すだちおろし冷かけうどん』は、2019年から毎夏販売されている人気商品。まるごと1個のすだちが入ったメニューは唯一これだけだ。



すだちを絞れば絞るほど、独特な爽やかな香りが広がる。指の匂いまで爽やかだ…。



ほんのり苦く、さっぱりしたすだちの味と大根おろしの辛味、そして冷かけだしの相性は最高。暑さにまいった日にすすりたい一杯だ。

■弁当も充実




大人気の「丸亀うどん弁当」にも、夏が到来。

6月より販売されている『なす天おろしうどん弁当』に加え、『こく旨豚しゃぶぶっかけうどん』と同じ豚しゃぶを使った『豚しゃぶおろしうどん弁当』、そして大きないわしがインパクト大な『いわし天うどん弁当』の2種類が登場する。

弁当だし、と持ち帰って家族で食べたのだが、子供大歓喜。なんで小さい子ってあんなにうどんが好きなんだ…私より食べてないか?



完全新作として登場した『いわし天うどん弁当』は、本当にいわしが大きくて笑ってしまう。



分厚い上に、しっかり脂がのっているので食べごたえ十分。



つやっつや。

ただ「冷たいうどん」なのではなく、ぶっかけだったり冷かけだしだったり、具材がガッツリしてたりさっぱりしていたり…好みに合わせて様々な味を選べる、丸亀製麺の夏。暑さや湿気でバテる前に、うどんでパワーチャージしてみては。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ