有吉弘行、枯らしたサボテンの正体にショック 「サボテンじゃないですね」

しらべぇ




22日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、大事に育てていたサボテンを枯らした有吉弘行のために、栃木を主戦場とするお笑いコンビ・U字工事の福田薫・益子卓郎が新しいサボテン探しに奔走。

その際、専門家から有吉が枯らしたサボテンに関する衝撃事実が明かされた。

■サボテンを枯らした有吉


以前、同番組で「気に入ったサボテン」を入手した有吉。

「夏、暖かくなってきたから日当たりのいい場所に移したの、喜ばしてやろうと思って」と日光浴をさせたのだが、日焼けして枯れてしまったと吐露。「サボテンよ? サボテンだよ? 直射日光に弱いんだって」「腐っちゃった」と嘆いていた。

関連記事:マツコ、有吉弘行との交際の可能性に興奮 ストライクゾーン入り「初めて」

■日本最大級の店舗へ


気落ちした有吉のために、U字工事は千葉県印西市にある日本最大級・サボテン多肉植物専門店のグランカクタスを訪れ、新しいサボテンを探す。

サボテン・多肉植物3,000種1万アイテムを取り揃える同店は、一般客だけでなく園芸店への卸売も行っているプロ仕様の店。福田は有吉がサボテンを枯らした経緯を説明し、有吉が枯らしたサボテンの写真をオーナーの佐藤勉さんに確認してもらい「枯れた原因」を尋ねた。

■枯れた理由に衝撃


「なんでサボテンが枯れちゃったんですか?」と尋ねると、佐藤さんは「これはサボテンじゃないですね」と指摘。モニタリングしていた有吉、マツコ・デラックスらから「え?」と驚きの声が漏れた。

佐藤さんから「ユーフォルビアという多肉植物の一種」だと解説された有吉が「ショック」「だってサボテンって言ったじゃん。お前らが言ったんだよサボテンだって」とスタッフにクレームを入れると、マツコも「これはあんたたちのせいよ」と追従し笑いを誘う。

佐藤さんは「これは多肉植物ですから、余計に光線に弱かったんだと思いますね」と言及。有吉が枯らしたのは多肉植物・ユーフォルビア『大雲閣』だと明かされた。

■共感する声も…


サボテンよりも太陽に弱いユーフォルビア。一見するとサボテンのようなユーフォルビアを、有吉やスタッフが勘違いするのも仕方がないのかもしれない。

有吉もショックを受けたこの事実に、視聴者からも「うちもサボテンと思って育ててて日焼けさせたやつ有吉と同じユーフォルビアかもしれん サボテンじゃなかったんだ…」「わたしもユーフォルビア枯らした」と共感する声が殺到していた。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ