ルフィ役田中真弓 『ONE PIECE』25周年の日にファンと交流し「ものすごくうれしい」

クランクイン!

 声優の田中真弓が22日、武道館で開催されたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミア in 日本武道館イベントに、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、矢尾一樹、チョー、宝亀克寿、名塚佳織、池田秀一、津田健次郎、山田裕貴、霜降り明星(粗品・せいや)、谷口悟朗監督ともに登壇。連載開始 25 周年という節目の日にファンと対面し、喜びを爆発された。

本作は、尾田栄一郎による人気漫画を原作とするFILMシリーズ第4弾。世界で最も愛されている歌手・ウタが初めて公の前に姿を現すライブを開催。色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち。ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていて、物語は彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出す――。

イベントはヒロイン・ウタ(CV:名塚/歌唱キャスト:Ado)のスペシャルライブで幕開けし、ライブ後、キャスト陣が全長 29mのレッドカーペットを歩いて登場。『ONE PIECE』連載開始25周年となる本日、初めてファンに届けられるが、ルフィの声を務める田中は満員の観客を見渡しながら「節目の時にファンの皆さんとこうして一緒にいられることが、ものすごくうれしいし、興奮しています」と感慨深い様子であいさつ。ウソップ役の山口も「興奮します。皆さんの拍手が雨のように降ってくる」と声を震わせ、チョッパー役の大谷は「最高です!」と満面の笑みを見せた。

ウタ役の名塚は、「ライブで皆さんがバルーンやサイリュウムを振ってくれて、自分のことのようにうれしい」とはにかみ、「FILMの中で大暴れしますが、それが皆さんにどんな風に映るのかすごくドキドキしつつも、終わった時にはウタやこの作品を皆さんが愛してもらえたら」とアピール。また、「尾田先生が作り出したウタの人生をAdoさんと一緒に歩むことができてうれしい」と笑顔。シャンクス役の池田は、「テレビでも何年に1回しか出てこないので、油断してました」と言って笑いを誘い、「FILM REDは、僕にとっても事件でした」と本音を明かした。

津田は謎に包まれたゴードンを演じるが、「何よりも25周年の劇場版に出演させていただけるのは本当に光栄でテンションが上がると同時にプレッシャーがありました」と打ち明け、「こうやって武道館でファンの皆様を前にして、やっぱり凄い作品に出させていただいたと改めて実感しています」としみじみとコメント。最後には、田中が「『ONE PIECE』はまだまだシリーズが続いていますが、その中で映画を作るのは本当に大変なこと。毎回、この手があったかと思うんですけど、今回もものすごくそう思いました。あ~見たことのないものを作ったなと言う感じがしますので、ぜひ見届けてください」と呼びかけていた。

アニメ映画『ONE PIECE FILM RED』は、8月6日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ