【ディズニー】人気キャラ大集合!35周年の「ディズニー・オン・アイス」見どころ紹介【公演レポート】

ウレぴあ総研

「ディズニー・オン・アイス JAPAN TOUR 35th ANNIVERSARY」の東京公演が7月15日、国立代々木競技場 第一体育館で開幕しました。

■人気キャラ、名シーンが続々登場!

「ディズニー・オン・アイス」は、1981年の世界初公開以来、40年を超える歴史を持つ、氷の上のミュージカル。

日本では1986年の「ハッピーバースデー・ドナルド」以来、「アラジン」「美女と野獣」「トイ・ストーリー」などのストーリー作品や「プリンセス・クラシックス」「オールスターカーニバル」などのオムニバス作品が上演されてきました。

3年ぶりの上演となる今回の公演は、日本公演35周年を記念した作品となります。

物語は、リンクに海賊たちとティンカー・ベルが登場する場面からスタート。

ティンカー・ベルが海賊たちに捕らわれてしまったことを知ったミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィーは、ティンカー・ベルを助けるため、海賊たちが忘れていった地図を頼りに、さまざまなディズニーストーリーの世界へと旅に出かけることになります。

オープニングでは、華やかな衣装を身にまとったスケーターたちが登場。リンクの隅々まで使ってダンスを見せた後、ドナルド、グーフィー、ミニーマウス、ミッキーマウスも呼び込まれ、豪華なダンスが披露されました。

続いて、ミッキーたちは、ティンカー・ベルを助けるための旅に出ます。

まずは、「美女と野獣」の世界へ。そこには、ベルとルミエール、そしてコグスワースがいて、劇中の名場面をパフォーマンス。さらに、「トイ・ストーリー」「モアナと伝説の海」「リメンバー・ミー」と続きます。

「トイ・ストーリー」は、ウッディ、バズ・ライトイヤー、ジェシー、レックス、ハム、ボー・ピープ、そしてグリーン・アーミーメンとたくさんのキャラクターが登場。

休憩を挟んだ後半は、ミッキーたちは「アラジン」「リトル・マーメイド」「アナと雪の女王」の世界へ。

「アラジン」の『ホール・ニュー・ワールド』、「リトル・マーメイド」の『アンダー・ザ・シー』、「アナと雪の女王」の『レット・イット・ゴー』など、名曲でのダンスも展開されました。

■写真&動画撮影OK! 一体となって盛り上がれる演出も

全編を通して、エアリアルやトランポリンを使ったアクロバットなども多く取り入れられているのも特徴。

アリエルとエリック王子のペアダンスでは、二人が手を取り合って空中を舞うシーンもあり、本公演のハイライトとなっていました。

本公演は、全編に渡って、写真及び動画の撮影可能。商用目的以外であれば、SNSに投稿することも可能なので、お気に入りのキャラクターやシーンを写真に収めることができます。

また“足踏みをして海賊を追い払う”、“携帯のライトをつけて応援する”など、観客が参加できる場面も多く、子どもから大人まで一体感を持って楽しめるのも嬉しいポイントとなっています。

関東ではこの後、8月に横浜アリーナ、9月にさいたまスーパーアリーナ、そして9月23日(金・祝)~25日(日)に幕張メッセ 幕張イベントホールのファイナルへと続きます。

ディズニーが誇る名作多胎の世界観をぞんぶんに楽しめる「ディズニー・オン・アイス」最新公演、気になる人はぜひチェックしてみては?

■ディズニー・オン・アイス JAPAN TOUR 35th ANNIVERSARY 公演概要

日程:

<横浜>8月18日(木)~8月22日(月) 横浜アリーナ

<埼玉>9月17日(土)~9月19日(月・祝) さいたまスーパーアリーナ

<幕張>9月23日(金・祝)~9月25日(日) 幕張メッセ 幕張イベントホール

※その他地域でも、2022年7月~9月 全国10都市で開催。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ