坂口健太郎、イベント中にソワソワ。メイキングに映る自分を見て「ちょっと恥ずかしい」



7月20日、都内で行われた、映画『余命10年』デジタル配信/ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに主演の小松菜奈さん、坂口健太郎さん、藤井道人監督が登壇しました。

映画『余命10年』は、切なすぎる小説としてSNS等で反響が広がり続け、ベストセラーを記録した小説が原作。 それを、『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』など、透明感のある映像美の評価が高い藤井道人監督が映画化。そして、RADWIMPSが、主題歌『うるうびと』を書き下ろし、10年にわたる男女ふたりの物語に音で寄り添いました。

はたちで難病を発症し、余命10年となった茉莉に小松菜奈さん。茉莉と恋に落ち、その運命を大きく変える和人を演じたのは坂口健太郎さん。初共演となる最旬実力派のふたりが、小説の文庫化を待たずして亡くなった著者の想いを引き継ぎ、“10年”の物語を全身全霊で演じています。

今回のイベントでは、あらかじめ映画ファンが投票した好きなシーンランキングを発表。上位にランクインしたシーンについて、小松さん、坂口さんがメイキング映像を交えながら改めて振り返りました。

ふたりがメイキング映像を見るのは今回が初めて。「ちょっと緊張する・・・。ちょっと恥ずかしい」と、坂口さんは落ち着かない様子。

ランクインしたのは、“和人が茉莉と駅前で再会するシーン”。風の強い冬の夜という厳しい撮影現場の様子が流れると藤井監督は、「ぐちけん(坂口健太郎)がすごく、小松さんを守ってくれていたなという思い出があります」と撮影当時を振り返りました。

小松さんは、「坂口さんが声をかけてくださったりとか」「和人の顔を見てたら、すごく真っ直ぐな眼差しで」「そこで動かされたものとか、感じたものがすごく大きかったので、本当に助けていただいたなと思います」と、和人演じる坂口さんの姿に背中を押されたことを語りました。

最後に小松さんは、「観てくれた人の感想が嘘偽りのない、正直に書いてくれたものなので」「たくさんの人のもとにそれが広がっていって、観てくれた人が多かったんだなと、本当に感謝しています」と、観客に向けてメッセージを伝え、坂口さんは、「自分たちの中でも本当に大切な作品を、また話す機会をいただける。すごく光栄に思います」と、今日この場に感謝を述べました。
The post 坂口健太郎、イベント中にソワソワ。メイキングに映る自分を見て「ちょっと恥ずかしい」 first appeared on フィールドキャスター.

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ