羽生結弦の進退会見 織田信成ボロ泣き「さみしい」 もらい泣きのファン続出

クランクイン!

 プロスケーターの織田信成が19日放送の『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系/毎週月曜~金曜16時45分)に出演。同日に行われた羽生結弦の会見をコメンテーターとして見守りながら、思わず号泣する織田の姿に対してネット上にはもらい泣きするファンが続出した。

この日、17時から羽生が“決意表明”の記者会見を開くため、織田はスタジオにコメンテーターとして登場。羽生が会見場に入る直前から、会見が終了するまでの約30分にわたって、番組キャスター陣と共に会見の模様をスタジオから見守った。

会見の中継が終わると、スタジオでは会見の内容を振り返ることになり、テレビ朝日アナウンサーの小松靖が織田に次々と質問。最初は織田も落ち着いた様子で、会見の考察や羽生の心境を推察するコメントを語っていたのだが「いち羽生ファンとしては、あの…羽生くんの…なんていうのかなぁ…」と声がうわずり始め、感極まった様子で「鬼気迫るような、闘う姿というのがすごく好きだったので、それがちょっと見れないのは寂しい」と語り、涙を見せた。

小松が「織田さん、やっぱり寂しいんですね?」と問いかけると、織田は「そうですね」と認めつつ、時折涙を拭いながら「これから同じプロスケーターとして、一緒に滑る機会が増えたらいいなと思います」と語った。

ネット上では、織田が涙を流す姿に対して「織田くんの涙って最高の賛辞だと思ってる」「愛が溢れてるぅ~」「織田くんさぁ…好きだよ」などの声が相次ぎ、さらに「織田くんの涙に泣かされる」「私もつられて泣いている」「織田くんのボロ泣きに釣られて私もまた号泣」といったコメントも集まっていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。