職業ゲームプレイヤー!?eスポーツだけじゃない。Web3時代到来で注目されるNFTとブロックチェーンゲーム


ブロックチェーン技術を活用した分散型ウェブの概念、いわゆるWeb3が盛り上がりを見せています。特に、オンライン上に存在するアート作品等のデジタル資産の所有者を明確にするNFT(Non Fungible Token)の在り方が問われます。そんな世界に“ゲームの力”で新風を巻き起こす企業があります。



日本国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo 2022」が7月11日、都内で開催されました。同イベントのスポンサー企業、double jump.tokyo株式会社(ダブルジャンプトーキョー以下、DJT)のセッションには多くの人が集まっていました。

キャプテン翼NFTプロジェクト始動



DJTは2018年に設立。「ブロックチェーン技術でゲームのビジョンを再構築」をコンセプトに掲げ、企業活動を展開しています。代表取締役を務める上野広伸氏は「この1年間でゲーム以外のNFTが活発化した。日本が誇る漫画やゲームをブロックチェーン技術で広めていきたい」と語りました。



昨年、同社がサポートしたのは手塚治虫の初のデジタルアートNFT作品「鉄腕アトム」。ジェネレーティブアート1,000点は、約1時間で完売となりました。また、目玉となった1点もののモザイクアートは120イーサリアム(約5,600万円)で落札。日本における企業のNFTの最高落札額を記録しています。現在は大人気サッカー漫画「キャプテン翼」のNFTプロジェクトが始動中。DJTは「Non Fungible Tokyo 2022」の開催を記念して、渋谷の街に鉄腕アトムやキャプテン翼のNFT関連大型ビジョンを掲出しました。販売点数や落札額に注目が集まっています。

資産性ミリオンアーサー



ドラゴンクエストシリーズやファイナルファンタジーシリーズで知られる大手ゲーム事業者、株式会社スクウェア・エニックスと共同してリリースされたのがNFTゲーム「資産性ミリオンアーサー」です。

これはブロックチェーン技術で制作されたデジタルシールをコレクションするサービス。1枚1枚デザインが違っており、自分だけのシールを手に入れることができます。また、LINE Xenesis社の提供する「LINE NFT」マーケットで流通、売買することも可能。まさにWeb3時代にマッチしたサービスといえるでしょう。取締役COOの松谷幸紀氏は「資産性ミリオンアーサーの発行済デジタルシール数は9万枚以上。デジタルシールを集めるだけでなく、その後のゲームに展開できるところが魅力」と話します。

まずはゲームユーザーの信頼度を得る



ユーザー自身がNFTをやり取りできるWeb3時代のブロックチェーンゲーム。松谷氏は「まずはクオリティの高いゲームをリリースして、ユーザーの信頼度を得ること。大手ゲーム事業者と一緒に魅力的なゲームを作り、安心安全で面白いバーチャル世界を提供できれば」としました。デジタル資産の保守はもちろんですが、ゲーム自体が魅力的かどうかはユーザーの気になるところです。

ゲームで資産を稼ぐというとeスポーツが思い浮かびますが、eスポーツプレイヤーはほんの一握り。Web3、NFT、ブロックチェーンゲームが融合したバーチャル世界ではゲームで集めたゲームアイテムを売買することも可能になります。また、市場が拡大していけば事業者もあらゆる切り口のゲームをリリースすることができるでしょう。

「職業、ゲームプレイヤー」が当たり前にいるような世界は、もう目の前まで来ているのかもしれません。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ