【スイーツ】『たい焼き×かき氷』の組み合わせが最高!名店「目黒ひいらぎ」から“和の甘み”をレポート

ウレぴあ総研

恵比寿にある人気店、「恵比寿たいやきひいらぎ」の分店として、2011年にオープンした「目黒ひいらぎ 碑文谷公園通り店」。

こちらでは、たい焼き以外のスイーツも提供しており、今回は夏季限定でいただけるかき氷を、定番のたい焼きと共に紹介します!

■いざ「目黒ひいらぎ 碑文谷公園通り店」へ!

学芸大学駅から徒歩約5分。西口商店街を通った先に、お目当てのお店を発見!

さっそく、たい焼きとかき氷を注文します!

たい焼きが描かれた看板がかわいい
お店の前に置かれた看板も、写真に撮りたくなる可愛さです!

■サクサクのたい焼きとふわふわのかき氷をいただきます♪

まずは、焼きたてアツアツの定番の「たいやき」をいただきます!

一口食べると、上品な甘さのあんこが口の中に広がり、薄めの皮はとってもサクサク!

低温で30分じっくりと焼き上げることで、外はサクッ、中はしっとりとした食感になるそうです。

「たいやき」しっぽまであんこたっぷり!
北海道産の小豆を使ったあんこは、甘さ控えめなので重たすぎず、ペロリと食べられちゃいます♪

続いて、夏季限定で味わえるかき氷「抹茶金時」です。

GW~9月末まで提供しているかき氷には、「抹茶金時」のほかに「苺ミルク」と「小豆ミルク」、「酒粕シロップ」の4種類があるので、好きな味を注文しましょう。

ちなみに春と秋にはおはぎ、冬にはきんつばが登場するそうです!

「抹茶金時」には、「たいやき」に使われている、あんこがたっぷりとトッピングされています。

しっかりと抹茶を感じることができる、静岡県産の抹茶を使っているので、抹茶好きでも大満足の味わい。

もちろんあんことの相性も抜群です!

アツアツのたい焼きと、ひんやり冷たいかき氷を味わいに、「目黒ひいらぎ 碑文谷公園通り店」へ訪れてみませんか。

テイクアウトはもちろん、お店の前にはベンチもあるので、こちらでゆっくりと味わうのもおすすめです!

【店舗】目黒ひいらぎ 碑文谷公園通り店

【住所】東京都目黒区鷹番3-18-3

【電話】03-6412-7945

※新型コロナウィルスの影響により、営業時間、定休日が記載内容と異なる場合があります。来店の際には事前にご確認ください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ