私に飽きてる...?【キスの頻度】が減っているときの男性心理

ハウコレ



彼氏とのキスの頻度が減ってくると「私に興味なくなったのかな?」と心配になることもありますよね。ボディタッチが減ったことで、彼氏からの愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。キスをすることで幸せを感じることが出来る分、キスがないことで幸福感が減ってしまい付き合っている意味について考えてしまうという女性もいますよね。

男性はなぜ彼女とのキスをしなくなるのでしょうか?そこで、キスの頻度が減っているときの男性の心理について紹介します。

■愛情が減ってきた
キスの頻度が減ってきたときの理由で一番多いのが、彼女への愛情が減ってきたからです。マンネリ化してきただけということもありますが、彼女への不満が溜まってきて大事に思えなくなってきていることもあります。

愛情が減ってくるとキス以外にボディタッチも減ってきます。ボディタッチはあるけれどキスだけがないという場合は他の理由が考えられますが、すべてなくなっている場合は愛情不足でしょう。

彼の不満を取り除いてあげることが肝心です。「私に対して嫌なところはない?」といった感じで彼に聞いてみるといいですよ。

■実は潔癖気味
付き合っている当初は言えなかったけれど、実は潔癖気味な彼氏だったということもあります。潔癖気味な人は他人との接触を嫌がることが多いため、彼女であってもあまり触れあいたくないのです。

キスする前には消毒したい、歯磨きをしてからキスをしたいといった願望があることもあります。口臭ケアなどの衛生面を気に掛けることで、彼氏もキスしやすくなるでしょう。

潔癖気味の男性は、無理矢理キスされるなんてのはご法度ですので、彼のキスが減ったからといって無理強いしてはいけませんよ。

■唇にリップがつくのが嫌
普段からリップクリームや口紅を使っている女性は、それがキスしてもらえない原因かもしれません。キスしたときにべちゃっとするのが嫌だという男性もいますし、自分の唇にクリームが付着するのも嫌いという男性は多いんです。

幸せなはずのキスが不快なものになっているので、キスすることを避けてしまいます。何も付けていない状態の唇でデートしてみて、様子を見てみましょう。

■愛情が減っているとは限らない!
キスが少なくなったからといって彼の愛情が減っているとは限りません。彼がキスしなくなった理由を探ってみましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。