赤のMS集結!「機動戦士ガンダム GフレームFA 02」&7月18日の食玩

『ガンダム』シリーズのモビルスーツ(MS)を立体化した食玩「機動戦士ガンダム GフレームFA 02」が2022年7月18日に登場する。今回はシャアの乗るサザビー、クワトロの乗るリック・ディアスなど、赤いMS多めのラインナップになっている。

『ガンダム』シリーズは1979年のTVアニメ『機動戦士ガンダム』を起点とするシリーズ。『機動戦士ガンダム』はロボットをMSという「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立した。
直接的な続編である『機動戦士Zガンダム』(1985年)や、別の世界観の物語となる『機動戦士ガンダムSEED』(2002年)など、数多くの作品がシリーズに連なっている。

「機動戦士ガンダム Gフレーム」はバンダイが展開する食玩のハイスペック可動フィギュア。アーマーパーツ&無可動ハンガーのアーマーセットと、可動フレームのフレームセットの2箱を組み合わせることでMSのフルアクションフィギュアが完成する。デザインには一部アレンジが加えられている。
2018年2月に第1弾が発売、通常版14弾に加え限定版も数多く登場した。

当初は完成状態でも太もも裏側など一部フレームが露出する構造になっていたが、2022年2月からは、外装が設定に近い状態でフレームを覆う「機動戦士ガンダム GフレームFA(フルアーマー)」にリニューアル。今回はその第2弾となる。

ガンダムシリーズの商品展開の魅力は、敵、ライバル機、脇役機など主役ガンダム以外のMSも商品化されることだ。『機動戦士ガンダム』以前にそういう作品がなかったわけではないが、『ガンダム』では作品のヒットもあってプラモデル(いわゆるガンプラ)で多彩な商品展開が行われた。
今回の「機動戦士ガンダム GフレームFA 02」も、準主役のジャスティスガンダム、味方脇役のリック・ディアス、敵のサザビーとバラエティに富んだラインナップになっている。
一方、色としては赤いMSが多めになっており、これは第2弾で人気キャラである赤い彗星シャア・アズナブル(『Zガンダム』ではクワトロ・バジーナと偽名を名乗る)をフィーチャーする意図があったのかもしれない。

ラインナップは以下の全8種。

ジャスティスガンダム アーマーセット
ジャスティスガンダム フレームセット
リック・ディアス(クワトロ・バジーナカラー) アーマーセット
リック・ディアス(クワトロ・バジーナカラー) フレームセット
リック・ディアス アーマーセット
リック・ディアス フレームセット
サザビー アーマーセット
サザビー フレームセット

サザビーは旧シリーズでもラインナップされていたが、今回は新フォーマットで立体化。ロング・ライフルが加えられている。
各全高約11センチ。

手軽なサイズながら存在感のある「機動戦士ガンダム GフレームFA」、すでに第3弾の情報も公開されており、今後の展開にも注目だ。

なお2022年7月18日(月)には、下記の食玩も全国のスーパーや量販店などのお菓子売り場に登場する。

「SGアバタロウギア03」
「装動 仮面ライダーリバイス by再」
「劇場版 呪術廻戦 0ウエハース」
「すみっコぐらし シールDEおきがえすみっコ チョコスナック2」
「SMP [SHOKUGAN MODELING PROJECT]百獣合体ガオイカロス」
「<トイストーリー>ループタオル」

「<トイストーリー>ループタオル」はスナップボタン付きのループ(紐)が付いたハンカチタオル。部屋の中でぶら下げておけるのはもちろん、鞄などに取り付けるのも、暑くなるこれからの季節には便利だろう。

>>>「機動戦士ガンダム GフレームFA 02」&7月18日の食玩の画像を全部見る(画像61点)

(C)創通・サンライズ

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ