腰周りが変わる!1日5セット【下腹凹む&下半身引き締まる】簡単習慣

beauty news tokyo


夏本番を迎え、見た目印象により磨きをかけたいなら、下腹や太ももなどの下半身の引き締めは欠かせないポイントになります。そこで習慣に採り入れたいのが、「腸腰筋」と「内転筋」を一挙に強化するピラティスの簡単エクササイズ【フロッグ】です。

フロッグ


下腹部全体および太ももの筋肉に一挙にアプローチできるエクササイズです。

(1)床に仰向けに寝て手のひらを床に着けて体の横に腕を置き、股関節とひざをそれぞれ直角に曲げる



▲“テーブルトップポジション”と呼ばれる体勢です。背中をピタッと床に着け、背中の下にすき間ができないようにします

(2)両かかとをつけたままつま先を開き、同時にひざもやや開く



(3)一旦息を吸い、息を吐きながらかかとを上方へ伸ばしていき、伸ばしきったら息を吸い、そのまま5秒間キープする



▲かかとは常につけたままにしておきます

(4)息を吐きながら脚を(2)の位置に戻す



(2)~(4)で1セットとカウントし、“1日あたり5セットを目標”に実践します。実践中に肩が上がりやすい人は、手のひらを床に着かずに上に向けた状態でOK。また、期待する効果をきちんと得るためにも、背中が浮かないよう「常にお腹に力を入れた状態で実践すること」がポイントです。

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの連動が重要”です。最初は無理をせず、目標回数を達成することから始めて、代謝UPと腰周りのスタイルアップにつなげていきましょうね。<ピラティス監修:YUKI(インストラクター歴2年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ