有村架純×中村倫也『石子と羽男』、第2話ゲストに木村佳乃&宮野真守

クランクイン!

 女優の有村架純と俳優の中村倫也がダブル主演するドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系/毎週金曜22時)の第2話(7月22日放送)に、女優の木村佳乃と声優・俳優の宮野真守がゲスト出演。木村は法律相談に来るシングルマザーの依頼人役、宮野は羽男(中村)の元同僚弁護士役を演じる。

本作は、4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石子こと石田硝子(有村)と1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男こと羽根岡佳男(中村)の“石羽コンビ”が、誰にでも起こり得る珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメント。

木村はNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年)でも有村と共演。仲のいい母と娘という間柄の役だったが、本作では法律相談にやって来る依頼人と、そのトラブル解決に奔走するパラリーガルという関係だ。

木村が演じる依頼人は、12歳の息子・孝多(小林優仁)と暮らすシングルマザーの相田瑛子。息子が無断でスマホのゲームに課金してしまい、ゲーム運営会社に返金を要求したが応じてもらえず、困って相談にやってくる。

木村は「法律はいろいろ難しくて、そんなに詳しくないんですが、そうなんだって思うところがたくさんありました。成人が18歳になったことも含めながら、ゲーム課金についての知識がスッと入る脚本で大変面白かったです」と感想を。「撮影では倫也くんのキメ顔がいろいろあったりして、面白かったですね。倫也くんの役と架純ちゃんの役が全く違うタイプで、天才肌タイプと努力しているタイプの頭の良い2人のマッチングがすごく面白いです。2話だけじゃなくてもっと出させていただきたいです!(笑)」とコメントした。

一方、宮野が演じるのは、羽男と「リック&ベンジャミン法律事務所」で同期だった弁護士・丹澤文彦。今回、羽男は瑛子から依頼された案件で古巣の「リック&ベンジャミン法律事務所」を訪ねることになり、丹澤と再会。2人はバチバチと火花を散らす。

宮野は「ドラマへの出演はとても緊張するのですが、オファーをいただけてとてもうれしかったです。今回はゲストながら、羽根岡のライバル的立ち位置として出演させていただきます。羽根岡に影響を与える存在、そして弁護士という事で、難しい言い回しもありつつだったので、集中力を高めながら撮影に臨みました」と話している。

金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ