トロ旨、こってり!筆者が食通に教えてもらった「京都TKG」を爆食行脚!

ガジェット通信



ライターの丸野裕行です。

最近初夏バテ気味になり、あまり食欲がありません。しかし、お粥を食べるというわけにもいかず、お茶漬けでたくあんやキュウリのキューちゃんをあてにさらりと食事を済ましているのですが、なんだかこれもパワーがつかないような気がする……。

・丸野グルメシリーズ

https://getnews.jp/search/%E4%B8%B8%E9%87%8E%E3%80%80%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%A15

そこで、グルメライターに聞いてみると「そんなときには、“卵かけご飯”がいいですよ」と教えてもらいました。さらっと食べられて滋養豊富。タンパク質も糖質も塩分も摂れるので、この梅雨の暑さにはピッタリなんですよね。

そこで今回は、京都で見つけた卵かけご飯(=TKG)の名店を4軒回ってきました。4軒ハシゴして、元気ハツラツ。体調も回復してまいりましたので、その4軒をご紹介したいと思います。

右京区嵯峨小倉山堂ノ前町 『こだわり卵専門店 たまごや』





京都嵐山を観光していると、この初夏の陽気。ちょっとスタミナをつけたいなと思うわけです。食べ歩き感覚で、何かおいしいものをと思っていた矢先、嵐山を深く入っていくと御髪神社やトロッコ嵐山駅、常寂光寺などを観光した帰りに、TKGのお店に出会いました。



さらに大好物のプリンまであるというのですから、こりゃたまらんと即入店。入店といっても、ちょっとした小屋のようなお店なんですが、とにかく愛想がいい。かやぶきの里である美山のキヌヒカリ米と専用の醤油で食べる濃厚な卵かけご飯。甘めのだし醤油と有機肥料を食べて育った鶏が産む卵の濃さがシンプルかつかなり美味しい!



TKGというのは、卵と米、醤油だけのコラボと非常にシンプルなんですが、シンプルイズベストだからこそ、素材が輝いてくれる料理です。ここを訪れるお客さんたちは温泉卵を食べに来る人が多かったのですが、ぜひこの卵かけご飯を食べてほしい! さらにプリンも非常に美味です!




店名:『こだわり卵専門店 たまごや』

住所:京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町24-1

TEL:0120-840-058

営業時間:[昼]10:30~16:00 ※季節やその日の天候により変動

定休日:水曜日


亀岡市西別院 『弁天の里(たまごかけご飯専門店)』





京丹波町に店を構える養鶏場が営んでいる卵かけご飯専門店がこちらです。京丹波町といえば、自然豊かで田舎へと里帰りしたような気持ちになりますし、やっぱり空気がおいしいですね。そんな大自然の中で味わうのは新鮮で濃い色の卵を使った卵かけご飯です。味はシンプルですが、それがいい! それぞれのお店のご飯と卵の味の違いを確認できるというのは最高です。

客層はいろいろ。学生さん、ツーリング客、ファミリー、カップルなどなど老若男女、様々なお客さんがいます。このお店では座席を取ることもなく、丸亀製麺スタイルで列に並んで、オーダーした料理を受け取って着席するというシステムなんですね。テーブル席、カウンター席が数席。

メニューとしては≪定食≫のみというシンプルさ。そこに 自分好みのおかずを足すというものになります。卵は食べ放題。残念ながらご飯は2杯目から有料になっています。丼入りのご飯とお麩とワカメの味噌汁、御漬物と、高野豆腐が定食セットです。おすすめのトッピングは、購入もできる≪辛子明太子≫と≪うにのりセット≫です。これが濃厚でうまい!

1膳目、卵黄のみを使っての卵かけご飯。用意された専用の醤油を入れて、よくかき混ぜたらうにのりを入れます。すると、かなり味わい深い卵かけご飯の完成です! コクが凄いうえに旨味が凝縮しています。2膳目は全卵2個で辛子明太子と山椒醤油を投入。贅沢な卵かけご飯になり、恐ろしく旨い。まさに飯を食らうというのはこういうことだと実感できました。

店名:『弁天の里(たまごかけご飯専門店)』

住所:亀岡市西別院神地御手洗8

TEL:090-7112-7262

営業時間:[月~水・金]9:00~13:00/[土・日・祝]9:00~14:30 ※2016年11月現在

定休日:年末年始、木曜日

中京区壬生 『酒肴 かおりぐさ』





新撰組の屯所である壬生寺の近くにあるのがこのお店ですが、特筆すべきは何種類かのTKGが食べられるんです。しかも、高知県出身の大将が作っている旬の食材を日替わりで堪能できます。本当に大人の隠れ家的な空間の中で卵かけご飯が食べられます。



厳選した旬食材を使って、仕入れ具合と大将のひらめきで、様々な日替わりメニューが出てきます。一押しは、高知県名物であるカツオの「わら焼」なんですが、ここはやはりTKGへと参りましょう。



まずは、≪佃煮山椒卵かけご飯≫。こっくり炊かれた佃煮と京都名物の山椒の風味、それがふわふわメレンゲの上にふりかけられて、いいアクセントに! ほかの料理を食べて、お酒を飲んでも、〆としてサラッと食べられます。



カツオネギトロ卵かけご飯≫は、カツオらしいねっとりとした食感を、こちらもやはりたっぷりのメレンゲで包み込む感じの味わい。その味はカツオというより、ユッケに似た感じかもしれません。よく混ぜて食べれば、旨味が口に飛び込んできます。


店名:『酒肴 かおりぐさ』

住所:京都市中京区壬生東桧町30 澤田ビル 1F

TEL:070-5433-4489

営業時間:18:00~翌2:00

定休日:月曜日


(執筆者: 丸野裕行)

当記事はガジェット通信の提供記事です。