竹内涼真の存在感が六本木に浮かび上がる!新ドラマ『六本木クラス』で見せる底力

女子SPA!

 竹内涼真の存在感が、これほどまでに六本木の街に浮かび上がるとは!

2022年7月7日にスタートしたドラマ『六本木クラス』(毎週木曜よる9時・テレビ朝日系)は、韓国の大ヒット作『梨泰院クラス』(2020年)の日本版リメイクである。舞台が六本木に置き換わった本作への期待は高まる。

「イケメンと映画」をこよなく愛する筆者・加賀谷健が、主人公を演じる竹内涼真の“ワン・アンド・オンリー”な存在感に迫る。

◆韓国の梨泰院と日本の六本木

『梨泰院クラス』の日本リメイクということで、話題は豊富だけれど、まず注目したのは街並みの描き方である。韓国オリジナル版では、ソウルの名所・梨泰院(イテウォン)が舞台。多国籍な街で飲食店の激戦区として知られる。

梨泰院の片隅でパク・セロイ(パク・ソジュン)が開店した小さな店は、SNS映え必至の新スポットとしてひときわ鮮やかだった。では、日本版の舞台となる六本木はどうだろうか?

港区、六本木。日本の梨泰院ともいわれるこの歓楽街(ビジネス街)では、物語の語り手である葵(平手友梨奈)による冒頭のナレーションどおり、仕事と遊びが混ぜこぜになった人々が昼夜問わず往来する。特に夜の街としての表情は、梨泰院に負けず劣らずの賑わいだ。

六本木交差点のサインは、夜の帳(とばり)がおりたことを印象づける。居酒屋、クラブ、ラウンジバー。どこもかしこも六本木印。主人公・宮部新(竹内涼真)が居酒屋「二代目 みやべ」を開店したにしろ、まだまだ一軒のともしびでしかない。とにかくまずは、韓国の梨泰院と日本の六本木とで、街の鮮やかさが描き分けられ、それぞれにナイトスポット感を際立たせているのかをキャッチしてもらいたい。

◆申し分ない存在感

Netflixで『梨泰院クラス』をみた方ならお分かりの通り、新が六本木の覇者になるまでには苦難の月日を送ることが予想できる。新を演じる竹内涼真のビジュアルをみて、そっくりそのままパク・ソジュンに寄せてきていることからも明らかだ。まぁ、それゆえ、そこには日本版リメイクに対する一抹の不安があるのだけれど。

長身でがっちりした体型。圧倒的な小顔。彼が六本木の街を闊歩するだけですでに画になる。オープニングタイトルで「二代目 みやべ」で働く仲間たちと歩く新の姿をみて、ひとまず安心した。そこから一歩路地に入れば、きっと一瞬のうちに勝負の男の表情になる。そんな想像すらさせる。夜の街に溶け込みながら、一方で孤高の存在感を発揮すること。これが本作の主人公に求められる最大のポイントなのだが、その点、竹内は申し分ない存在感だ。

◆発端になる高校時代

ということで、ほとんどオリジナル版同様に本作もストーリー展開する。発端は彼の高校生時代。もう年齢は30代目前の竹内だけれど、いやはや学ラン姿には驚いた。さすがに初々しさは感じないにしろ、パリコレモデル級のプロポーションが学ランだとさらにくっきり縁取られる。

しかもサイボーグ感があって、これは相当内に力を秘めていることを伝えてくる。学生身分ではそうもいかないが、もしこのまま学ラン姿で夜の六本木を歩いても何の問題もない。

転校先の高校で同級生をいじめていたのが、学食チェーントップの長屋ホールディングス会長・茂(香川照之)の息子・龍河(早乙女太一)だった。龍河を殴り校長室に呼び出され新に退学処分が下る。しかも茂から土下座をして龍河に謝れと迫られる。

面と面を突き合わせた眼力勝負にも、怪優・香川照之に食い込む竹内。この瞬間、新と竹内が表裏一体となり、どの場面、どのシチュエーションでも必ず爪痕を残すような生き様に惚れ惚れする。曲がったことが大嫌いな彼は当然、土下座はしなかった。けれど、これがすべての発端になるのだった……。

◆潜在的に宿る反骨精神

香川との眼力勝負を制した竹内だが、彼には、何か他を圧倒するような底力を感じる。それは、本作の新を筆頭に、彼が演じる役柄のせいなのだろうか?

『仮面ライダードライブ』(2014~2015年、テレビ朝日系)で、ライダー俳優としてデビューした竹内は、王道の俳優人生歩んできた。なにせあの長身を活かしたキャラ作りと個性がだいたいどの役柄にもうまく取り込まれている。『陸王』(2017年、TBS系)で熱演した陸上選手役のたくましく滲む汗は、記憶に新しく、昨年放送の『君と世界が終わる日に Season1』(2021年、日本テレビ系)でも、ワン・アンド・オンリーな存在感を発揮していた。

謎のウイルスが蔓延し、人々がゾンビ化した世界で、孤軍奮闘する同作の主人公・響の姿をみていると、彼ひとりにだけサバイブできる底力が秘められているのがはっきりと分かる。料理が得意な彼は手料理を振る舞うことで硬直した生存者たちの心を解きほぐし、無人の避難所では弓道の腕前を活かして次々ゾンビを撃退する。絶体絶命の場面をくぐり抜ける度に、竹内自身にも潜在的に宿る反骨精神を感じたものだ。

◆本作への期待値は?

高校を退学になった新は、父・信二(光石研)を事故死させた責苦を与えるために龍河を袋だたきにして懲役刑になる。けれど、彼は塀の外の世界へでるその日まで力を養い、力を蓄えることになるだろう。いったい、なんの力を?

言うまでもなく、彼が塀の内にいる間、今日も変わらず夜の輝きを放つ六本木の街で、外食チェーンNo.1になるための力をだ。新に感じるこれほどの生命力と底力は、オリジナル版にはなかった。

竹内ならではの粘り気であるだろうし、新とともに彼もまたドラマ全話を通して力を蓄え続ける。韓国オリジナル作品のリメイクである本作への期待値は、ただ竹内の存在にだけある。

<文/加賀谷健>

【加賀谷健】

音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。

ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ