男性の本音!好きなのに【冷たい態度】をとる裏腹態度4選!

ハウコレ



自分に気があると思っていたのに、急に冷たい態度をとってくるようになったと感じて、とても不安になること、ありますよね。

この記事では、実は好きなのについ冷たい態度をとってしまう男性の裏腹態度を紹介していくので、是非参考にしてみてください。

■目を逸らす
目がよく合うけれども、何故かすぐに目を逸らす。目を逸らされるのはとても不安になりますよね。

ですが、目を逸らす本音はつい恥ずかしくて逸らしてしまっているだけ。本当は見つめていたいけれど、恥ずかしくて見ていられないのです。

目が合う回数は多い、それだけでまずは脈ありということ。逸らされても落ち込まずに、照れているんだなぁと思ってくださいね。

■会話をしている時腕を組んでいる
会話をしている時に腕を組むという仕草は、人間の心理で言うと相手のことを警戒しているという証拠。

ですが、脈ありだったはずの男性が腕を組むというのは、ただ単に緊張しているだけなのです。

緊張していて、何を話せばいいのかわからない。なんて時に、ついつい体に力が入ってしまって腕を組んでしまうものだと言えます。

■LINEの返信が遅い
LINEで連絡をした時に、既読はついているもののなかなか返事をくれない。そんな時はつい脈ありじゃないのかなと思ってしまいがち。

ですが、LINEの返信が遅いということは、それだけ「どうやって返信しようかな」「嫌われないか不安」などと思っている証拠。

何とも思っていない相手ならば、適当にサクッと返信するだけでしょう。既読スルーされたままは脈なしと言えますが、時間がかかっても返事をくれるのは脈ありです。

■他の女性と楽しそうにしている
自分が見えるような場所で、他の女性と楽しそうに話をしていると、「他の子を好きになったのかな」と思いがち。

ですが、それはあえて他の女性と楽しそうにしているところを見せて、嫉妬させたい!と思っているだけかもしれません。

チラっとこちらを見ている様子があれば、まさしく嫉妬させたいと思っている証拠。じっくり観察してみて、見極めてください。

■男性の本音を探ってアピールしていこう!
男性は、たまに自分の本音とは裏腹な態度をとることがあります。その態度をストレートに受け止めて落ち込むのはやめて、じっくり観察することが大切。

本音を探って、こちらからもアピールをしていくようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ