映画『僕らはみーんな生きている』第2弾キャスト発表 渡辺裕之さん遺作で人気CM共演の西村和彦が再タッグ

クランクイン!

 モデルで俳優のゆうたろうが初主演、鶴嶋乃愛がヒロインを務める映画『僕らはみーんな生きている』より、第2弾キャストが発表、コメントが到着した。

モデルで俳優のゆうたろうが初主演、鶴嶋乃愛がヒロインを務める映画『僕らはみーんな生きている』より、第2弾キャストが発表され、コメントが到着した。

一見平凡な寂れた商店街の中に潜む大人たちの闇と、現代の若者との対比を、皮肉にも冷酷に描いた本作。監督・金子智明が完全書き下ろしで脚本を手掛けている。

渡辺裕之の遺作となる本作では、大正製薬『リポビタンD』CMでの共演で知られる西村和彦とのタッグが復活。2人の関係が物語のキーを握る。ほかにも、女優・仁科亜季子、お笑いトリオ・B21スペシャルのミスターちん、元HKT48の兒玉遥、俳優・松尾潤、個人写真集発売に『ZIP!』レギュラー出演と勢いに乗る園田あいかなど、年齢・ジャンルも幅広い個性豊かなメンバーが集結した。

西村は「台本の段階でゾクッとする感じを覚えました。何気ない日常の中に潜む恐怖と悪心、そして葛藤…その狂気の一端を演じております。ご期待ください」とコメント。

仁科は「日常の中の“愛”の表と裏を繊細なゆうたろうさんが素晴らしい演技で表現されていました。可愛らしいゆうたろうさんの母親役をやらせていただき幸せでした」と語っている。

ミスターちんは「与えてもらった幸せ。でもそれは…。流されるままに生きてきた男が最後の最後に決断したこととは。その辺りの感情の波を意識して演じさせていただきました。大人の欲望、若者の先の見えない人生への不安。鬱々と物語が進む中、最後に若者2人がどんな選択をするのか? 目が離せないストーリー展開になっていると思います」と話す。

兒玉は「私の演じる吉野美姫は、今を全力で楽しみ自由奔放に生きる女性です。人の数だけ色んな生き方があると思いますが、今一度この作品を通して“生きる”という事について沢山の方に考えてもらいたいです」と言葉を寄せた。

松尾潤は「(演じる)城田は周囲を和ませる明るいキャラですが、生きていく上で何が正しくて、何を信じるべきなのか、演じながら考えました。さまざまな役の視点で楽しめる作品だと思っています」とコメント。

園田は「居酒屋の定員の役を演じるにあたって、実際にお母さんと居酒屋に行って研究したりしました。バイトもした事が無いので。。。見て役作りをしたんですけど、とても楽しく演じられて幸せでした」を撮影を振り帰った。

映画『僕らはみーんな生きている』は、12月全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ