『アメトーーク!』最低のクソスベリ回に批判「一番つまらん」「センスを疑う」

まいじつ

千原ジュニア 
千原ジュニア (C)まいじつ 

7月7日、人気バラエティー番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)が放送された。しかし、この回があまりにも「つまらない」と批判が殺到している。

今回はいつもの括りトークではなく、「おしゃべりバトルカード・ペチャリブレ対抗戦」を決行。

以前、狩野英孝が「ついついネットで買っちゃう芸人」に出演した際に紹介したカードゲーム「ペチャリブレ」を実際にやってみようという企画だ。

このゲームは、与えられたキャラクターカード1枚とアイテム/特徴カード2枚で、相手のキャラクターをどう倒すか即興で言い合う1対1のトークバトル。勝敗の判定を下すのは、トークを聞いている周りのプレイヤーで、どうやって相手を言い負かすのかを楽しむものだ。

今回の企画には狩野の他、出川哲朗、千原ジュニア、『おぎやはぎ』小木博明、『ロバート』秋山竜次、『ブラックマヨネーズ』小杉竜一、『錦鯉』長谷川雅紀、『相席スタート』山添寛、『アインシュタイン』稲田直樹、『モンスターエンジン』西森洋一といった面々が出演。2つのチームに分かれて、リレー方式で対戦をしていった。

「初めてアメトークで全力であくび」


しかしこのゲーム、結局は屁理屈の言い合いでしかなく、勝った負けたの判断はあくまで好み。人気芸人たちと言えど、なかなか盛り上げることができず、ネット上でも

《今までのアメトーークの中で一番つまらなかった途中で観るのやめました》
《ペチャリブレ回、コレは後世に残るクソ回》
《今日は、ものすごい外れの日だな。まったく面白くもない》
《今週俺が見てきた中で一番つまらん回かもしれん》
《つまらなすぎる。メンバーはいいのに》
《クッソつまらなかったな。お蔵入りにせずこれを出したセンスを疑うわ》
《今週マジでつまらんな、今までのつまらない回とか目じゃないぐらい酷い》
《メンツ豪華なのになんでこんなつまらないの…》
《初めてアメトークで全力であくびしたかも》
《スタジオが盛り上がっていないのが伝わってきて見る側が辛くなる企画》
《しかし、芸人殺しの企画だなw話しながら冷汗ヤバそうw》
《これだけ芸人呼んでおいてこれだけ盛り上がらないのはヤバいな》

と批判が殺到している。

ただ盛り上がっていないだけでなく、盛り上がっていないことに誰も触れてはいけない空気だったこの回。年末の反省大賞にもノミネートされず、ただただ黒歴史になるだろう…。

当記事はまいじつの提供記事です。