“潮時”の正しい使い方は…翻訳家・戸田奈津子が引退宣言で日本語ミス!?

まいじつ

トム・クルーズ 
トム・クルーズ (C)Jaguar PS / Shutterstock

長年、ハリウッドスターたちの通訳者としても活動してきた、映画字幕翻訳家の戸田奈津子氏が通訳を引退すると表明。映画ファンの間でさまざまな声が上がっている。

戸田氏は『タイタニック』や『スター・ウォーズ』『E.T.』など数々のヒット映画の日本語字幕を担当。

また、米俳優のトム・クルーズの通訳者として、トムが来日した際には決まって同席することでも知られている。

戸田氏は7月3日、トム・クルーズ主演の映画『トップガン マーヴェリック』のイベントに出席。同日に86歳の誕生日を迎えた戸田氏は、「たまたまトムとお誕生日が一緒なものですから、このようなイベントを催していただいて、トムに感謝でございます」と挨拶した。

メディアの取材に対して、「私も年を取ったんで、色んなことがパッと言葉が出なかったりする訳よ。トムがあんなに一生懸命やってるのに、途中で言葉に詰まったら、私はトムに申し訳ないと思って。こういうのは引き時ってものがあるでしょう? だから潮時だと思って辞めました」と明かした。

また、通訳や字幕翻訳家を目指す人に伝えたいことを聞かれると、「まず映画が好きであること」「それから日本語を勉強しなさい」「大事なのは日本語。本を読みなさい。日本語を知りなさいっていうことです」とコメントしていた。

“誤訳の女王”と呼ばれることも…


「長年、翻訳家として活動し、日本の映画界に多大なる功績を残した戸田氏ですが、映画ファンの間では〝誤訳の女王〟と揶揄されることも少なくありません。映画『アポロ13』では、電源回路の〝開/閉〟の意味を取り違えて、真逆の意味に誤訳。また映画『ロード・オブ・ザ・リング』では、〝You are not yourself〟(正気に戻って)を『嘘を吐くな』と誤訳し、映画ファンの怒りを買いました。極めつけは、映画『フルメタル・ジャケット』で、ハートマン軍曹の台詞を穏便に意訳したため、再英訳を読んだキューブリック監督が『汚さが出てない』として戸田氏の翻訳を却下。急遽、原田眞人氏が起用されたこともありました」(映画ライター)

戸田氏は通訳引退を宣言しただけだが、映画ファンからは

《これで脚本の文脈を無視した誤訳が減ると思うと、映画ファンとしては少しホッとする》
《この人の翻訳って「映画好きの仕事じゃない」って印象しかないのよね…Fatherを「主よ(神よ)」じゃなく「お父さん」って訳すのは前後見てない証拠でしょう》
《字幕翻訳も引退してよ。この人が愛してるのは「映画スター」であって「映画」そのものではない。脚本の文脈を無視した誤訳だらけの翻訳には脚本への敬意が一切感じられない》
《かつてロード・オブ・ザ・リング字幕改善運動というのがあってですね…ちなみに吹替和訳はちゃんとしてたので、本読みました?ってぐらい、戸田奈津子訳がピンポイントで酷かった》
《言ってる言葉は立派だけど、あなたの作品へのリスペクトのない翻訳のせいでどれだけファンが落胆したと…なっち…もちろん映画翻訳も引退なんですよね…そうだといって…》
《「潮時」を引き時だと思っているのが全てを物語っている綺麗なオチ》

など、厳しい声も上がっている。

たびたび誤訳で物議を醸してきた戸田氏だが、トム・クルーズと長年にわたり親交を深めたのもその人柄からだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ