謎を解こうとする南沙良、不穏な言葉を投げかける大西流星 映画『この子は邪悪』から本予告編と本ビジュアルを解禁

SPICE


9月1日(木)公開の映画『この子は邪悪』から、本予告編と本ビジュアルが解禁された。あわせて、主題歌情報も発表されている。

『この子は邪悪』は、『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などを輩出してきた企画コンテスト『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017』で準グランプリに輝いたオリジナル作品を映画化したもの。『町田くんの世界』や『ノイズ』、ドラマ『ネメシス』などの脚本の脚本家として知られる片岡翔氏が本作で長編3作目を監督し、脚本も手がけている。

心理療法室院長・窪司朗の娘である花はかつて一家で交通事故に遭い、司朗は足に後遺症が残り、母は植物状態に、妹は顔に重度の火傷を負った。その事故で心に深い傷を抱えていた花のもとに、母の心神喪失の原因を探る高校生・四井純が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は「この人、お母さんじゃない」と違和感を覚える。

主人公・窪花役で主演するのは、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』や、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の南沙良。また、ドラマ『鹿楓堂よついろ日和』などの大西流星(なにわ男子)、映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』やドラマ『真犯人フラグ』などの桜井ユキ、『映画 極主夫道』などの玉木宏らが共演。大西は、花と心を通わせていく高校生・四井純、玉木が花の父親で心理療法室院長・窪司朗、桜井が交通事故で5年間植物状態だったはずの花の母親・窪繭子をそれぞれ演じている。

解禁された本予告編は5年前の夏、家族4人が遊園地に行った帰り道に不慮の事故に遭うシーンからスタート。心に傷を負った窪花の前に、幼馴染の少年・四井純が突然現れる。そんなある日、脚に障害が残った心理療法士の父・司朗が、植物状態から目を覚ました元気な母・繭子を連れて帰るが、花は嬉しそうな家族の雰囲気に馴染めず、「お母さんが帰ってきた時、何か違和感があったの」と純に打ち明けるのだった。すると、純は繭子に対し、「あの人、お母さんのふりをしているんじゃない?」と投げかける。花は「まさか」と笑うが、純は司朗に対しても、「退行催眠について調べたんだ。洗脳みたいな事も出来るんじゃないの?」と話す。さらに、純は顔に火傷を負ったマスク姿の妹・窪月(くぼ るな)に対しても、「事故の後、月ちゃんの顔をしっかりと見た事ある?」と聞き、「調べたい事がある。これで 5人目。もしかしたら全部繋がっているのかもしれない」と不穏な言葉を続ける。花はそんな純とともに、不穏な家族の謎を解ことするが。

また、主題歌はゲスの極み乙女が書き下ろした「悪夢のおまけ」に決定している。
ゲスの極み乙女
ゲスの極み乙女

『この子は邪悪』は9月1日(木)より新宿バルト 9 他にて全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ