『ガジェット通信 ネット流行語大賞2022上半期』金賞は「壱百満天原サロメ」! 上位に「ゆっくり茶番劇」商標登録問題や『シン・ウルトラマン』も



アンケート投票により決定した、『ガジェット通信 ネット流行語大賞2022上半期』を発表!



『ガジェット通信 ネット流行語大賞2022上半期』アンケート結果



金賞:壱百満天原サロメ/サロメ嬢

銀賞:おとわっか

銅賞:ゆっくり茶番劇

金賞:壱百満天原サロメ/サロメ嬢」



バーチャルライバー(VTuber)界に彗星の如く現れた超大型新人。バーチャルYouTuberグループ「にじさんじ」に所属しており、「ですわ」といった語尾のお嬢様口調で話すキャラクター。2022年5月24日の初配信から胃カメラの写真を見せるなど話題を集め、デビュー1日でYouTubeのチャンネル登録者数は17万人に。二週間後の6月7日にはバーチャルYouTuberとして史上最速でチャンネル登録者数100万人を突破しました。

銀賞:おとわっか



『FINAL FANTASY X』の登場人物「ワッカ」を取り巻くネタを題材とした音MAD動画。2022年5月にYouTubeやニコニコ動画に投稿され大きな盛り上がりを見せるも、登場キャラクターを同性愛者とする演出や、LGBTQ+への揶揄や侮辱する表現を含んでいることが物議を醸し、3週間で権利者の申立てにより削除され幕を閉じました。

銅賞:ゆっくり茶番劇



今年5月に『東方Project』の二次創作の一種である「ゆっくり茶番劇」が、権利者ではない1人の動画投稿者によって商標登録され問題に。テレビのニュース番組で取り上げられたり、官房長官まで見解を述べるなどの大騒動に発展しました。また、この騒動以降Twitter上では「〇〇を商標登録しました。〇〇を使用する際は10万円払ってください」というコピペ・ネットミームが流行しました。



4位以下にも注目ワードがズラリ




4位:タコピー/わ、わかんないっピ

5位:私の好きな言葉です/メフィラス構文(シン・ウルトラマン)

6位:ヤクルト1000

7位:いいですか、落ち着いて聞いてください

8位:シン・ウルトラマン/シン・◯◯

9位:粗品の呪い

10位:生娘をシャブ漬け戦略/10年かけて開発した親子丼

10位:ご照覧あれい!(エルデンリング)

10位:BIGBOSS


「ガーシー/ガーシーch」「AV新法」「オミクロン株」といった上位ワードや、「ポテトショック/ポテトロス/ポテト難民」「見たくない表現に触れない権利」「神真都Q」「だがクラスメイトに絡まれ敗北」など、上位に入らなかったノミネートワードは投票告知記事から確認してみてください!

ノミネートワード一覧掲載の投票告知記事はコチラ↓

一般投票スタート!『ガジェット通信 ネット流行語大賞2022上半期』締切は7月4日

https://getnews.jp/archives/3302949


これまでのネット流行語大賞まとめ:

https://getnews.jp/netryukogo

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ